grape [グレイプ]

鹿児島の市役所楽しそう! 遊び心満載の『感染予防対策』が、コチラ

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2020年7月現在、新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)の流行により、さまざまな店や施設で感染予防対策が行われています。

外出時に、これまでとは異なる光景を目にした人は多いでしょう。

鹿児島市役所の感染予防対策に『いいね!』

鹿児島県を拠点に活動する、アイドルグループ『MINGO!×MINGO!』のプロデューサーを務める、有村トモナリ(@Nari_Mura)さん。

ある日、鹿児島市役所に行くと、受付のいたるところに感染予防対策の透明なシートが張られていました。

その光景を見て、有村さんは市役所の「少しでも市民に元気を出してほしいという想い」を感じたのだそうです。その理由が、こちら!

透明なシートに描かれていたのは、ゲームやアニメなどを彷彿させる擬音語やメッセージ!こんな風な仕様になっていたら、市役所を訪れるのが楽しくなりそうですね。

こちらは、NPO法人『かごしまアートネットワーク』が企画した『コロナを越えるアートプロジェクト』の取り組みです。

透明なシートの特性を活かし、5人の作家がイラストやデザインをほどこしたといいます。

こちらの取り組みは、同月6日から当面の間行われるとのこと。

ネット上では「素晴らしい!」「鹿児島のこういう遊び心が好き」「楽しそう」といった声が上がりました。

コロナウイルスとの共存を指す『ウィズ(With)コロナ』という言葉が生まれたように、ウイルスの流行後、社会では新たな生活様式を取り入れる動きがあります。

コロナ禍で工夫を凝らして、社会を明るくする取り組みが増えていくと素敵ですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@Nari_MuraNpo法人かごしまアートネットワーク

Share Tweet LINE コメント

page
top