grape [グレイプ]

財布から5万円を盗まれた男性 その後、妻が発した『衝撃のひと言』とは?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

人によって大きく違う、金銭感覚。

100円玉を失ってしまった時に、「100円も失くしてしまった」と落ち込む人もいれば、「100円ならまあいいか」と考える人もいるでしょう。

男性の財布からお金が抜き取られ…?その後の展開に驚き

スーパーで働きながら日々の出来事を漫画にしている、あとみさん。

10年以上前、働いていたお店で窃盗事件が起こったそうです。

かばんは見つかったものの、財布に入っていたはずの5万円が抜き取られていた男性。

その後、すぐに警察を呼んだのですが…。

警察に来てもらい事情を説明していると、男性の妻が登場。

財布から5万円が抜き取られた話を聞いた妻は「車のカギがあるなら別にいい」といったのでした。

その言葉に、あとみさんは「えー!?別にいいのー!?」とびっくり。

読者からは、あとみさんに共感する声がたくさん寄せられました。

・5万円は額が大きすぎて、私だったらショックでしばらく立ち直れません…。

・収入が多い人にとっての5万円は、私にとっての数千円なのかもしれない。羨ましい。

・お金持ちでも盗まれるのは許せないだろう。でも、時間や労力をかけて追及する額ではないという感覚なのかな。

被害を受けた後、誰でもショックを受け、落ち込んでしまったり怒りが湧いたりすることでしょう。

そんな時に、男性の妻のように「大丈夫」と流してくれたら、少しは気が楽になるかもしれませんね。

とはいえ、例え収入が多くても、窃盗は犯罪。犯人が逮捕されていることを願います。


[文・構成/grape編集部]

出典
yumekomanga

Share Tweet LINE コメント

page
top