grape [グレイプ]

ミュージカル俳優の山崎育三郎 留学していた頃のエピソードに「鳥肌立った」「泣いた」の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2020年10月31日、バラエティ番組『アナザースカイⅡ』(日本テレビ系)では『世界の学校スペシャル』を放送。

これまで放送した、留学経験のある数人の著名人のエピソードをまとめ、VTRとともに振り返りました。

その中で、ミュージカル俳優や歌手として活躍している山崎育三郎さんのエピソードを紹介。

山崎さんのVTRが始まると、同番組のMCを務めるお笑いタレントの今田耕司さんは「あーこれ!本当に映画みたいな話!」と印象に残っていることを明かしました。

映画のような展開!山崎育三郎の留学エピソードとは?

山崎さんは2017年2月に、同番組の企画で、16歳の頃に語学留学していたアメリカのミズーリ州にあるノース・カウンティ・ハイスクールを訪問。

山崎さんはこの学校に約1年間通っていたそうです。

当時、ほとんど英語が話せなかった」と振り返る山崎さん。

山崎さんの留学先であるボン・テア市の人口は2017年時点で、人口が約7千人。

その内、アジア人はたったの約0.2%しかおらず、日本人どころかアジア人自体がほとんどいないという街でした。

そのため山崎さんは、留学先の高校でとても珍しがられたといいます。

みんながジロジロ見るんすよ。

「うわ!留学生だ!」っていう感じで。

アジア人が、2千人の生徒がいる中で僕1人だったんで。

それで、初めの頃は友達もいないし。だいたいトイレに隠れてました。

アナザースカイⅡ ーより引用

その後、トイレに逃げ込む生活が3か月ほど続いたといいます。

ダンスパーティで大胆な行動に!人生が変わった瞬間とは?

山崎さんが人目を避けながら学校生活を送っていたある日、学校主催のダンスパーティが食堂で行われました。

それを柱の陰から見ていたという山崎さん。

山崎さんは小学生の頃からミュージカルの主演を務めるなど、ダンスや歌には自信がありました。

そこで、みんなが楽しそうに躍る姿を見ながら、ある思いが頭をよぎったといいます。

それ(みんなが躍っている姿を)見ながら、「もし今俺が、あそこの真ん中で1人で踊ったら、明日から何か変わるんじゃないか」と思って。

「よし!子役でミュージカルやってた」と。

「ここで行ってやろう!」と思って。

「うわー!」っていいながらみんなをかき分けて、センターにドンッて立ったんです。そしたらみんな、あ然として。

「あいつ、何やってるんだ?」みたいな。一瞬、間があって。

その瞬間、僕がこうやって踊ったら「うわぁーっ!」って盛り上がったんです!

みんながテンションが上がって!やったこともないブレイクダンスもして、地面でぐるぐるーって回って…。

こっからですね。この次の日から。

学校に来て、廊下歩いてたらみんなが「オー!イク!昨日なんだよあれ!最高だぜ!」みたいな。

「僕とランチしようよ!」とか「今度アフタースクール一緒にごはん行こうよ!」とか、みんなに声かけてもらって。

アナザースカイⅡ ーより引用

この話に、MCを務める俳優の広瀬アリスさんは「すごい、一瞬で人生って変わるんですね!」と感動の声を上げました。

今田さんは広瀬さんの言葉に「本当に映画みたいな話よね!」と興奮気味に答えています。

視聴者からは、さまざまな声が上がりました。

・山崎さんの話、感動して泣いてしまった。勇気を出して人生を変えた瞬間。本当に映画みたいな話!

・山崎さんの留学先でのエピソードをミュージカル化してほしい!

・すごい。鳥肌立った。「僕も一歩踏み出さないと!」って勇気をもらいました!

山崎さんは、この留学を経験して「自分でしか変われないんだって思いましたね。怖いところにしか、成長はない」とコメントしています。

山崎さんのエピソードと言葉は、多くの人を勇気づけたことでしょう!


[文・構成/grape編集部]

出典
アナザースカイⅡ

Share Tweet LINE コメント

page
top