grape [グレイプ]

洪水現場から救出された犬が助けてくれた海兵隊員に恩返し その驚きの内容とは?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:Secretaría de Marina

2020年11月、メキシコ南部はハリケーン『イータ』の影響で大規模な洪水被害に見舞われました。

海外メディア『Bored Panda』によると11月半ばの時点で30万人以上が被害を受け、数百人が行方不明となり、数十人が犠牲になったということです。

現場ではメキシコの海兵隊員が人々の救助活動を行っていました。そんな中、ある隊員が体の半分が水に浸かった状態の1匹の犬を発見します。

犬は怯えて建物にしがみついていました。よほど怖かったのでしょう。

隊員の男性は犬を優しくなでて落ち着かせてから、ボートに引っ張り上げて救出しました。

溺れそうになっていたところを救われた犬は…

犬は安全な場所まで連れて行かれた後、病院で健康状態のチェックを受けました。ひどく怯えて、やせ衰えていましたが、ケガなどはなかったようです。

そのまま犬は海兵隊で世話をされていましたが、飼い主が見つからなかったらしく、後日になんと犬が正式に海兵隊のメンバーになることが発表されました!

海兵隊ではこの犬の名前を一般から募集。その結果、『ネロ』という名前に決定しました。

海兵隊のユニフォームを着たネロはなんだか勇ましく見えます。隊員たちにもすっかり懐いている様子を見ると、かわいがられているのが分かりますね。

海兵隊では「災害救助犬としての素晴らしい可能性と才能を見せている」として、ネロを災害救助犬として育てたいと考えているのだそう。

自らが救助された経験から、立派な救助犬になるのではないかと期待されています。

ひとりぼっちでおぼれかけていたところを救われて、今では大勢の海兵隊員の家族ができたネロが、災害救助犬としてデビューする日が楽しみですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
Secretaría de MarinaBored Panda

Share Tweet LINE コメント

page
top