grape [グレイプ]

毎朝、3歳の女の子とダンスをする郵便配達員 動画が話題になった結果…?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:dr.daviddc

新型コロナウイルス感染症のまん延が始まって以来、アメリカでは多くの子供たちが自由に友達と遊ぶことができなくなりました。

しかしオレゴン州に住む3歳のアヴァちゃんは毎朝家にやってくる『友達』と会うのを楽しみにしています。

その友達とは、郵便配達員のイアン・サイモンさん。

イアンさんがアヴァちゃんの家に郵便物を届けに来ると、2人のダンスパーティーがスタートするのです。

海外メディア『FOX12』によると、アヴァちゃんとイアンさんの友情はもう2年以上続いているのだそう。

アヴァちゃんの家に配達に来たイアンさんが毎回踊っている姿は近所の人たちの目にも留まり、彼の様子を隣人が撮影してくれたといいます。

そこでアヴァちゃんの父親のデイヴィッドさんは微笑ましい2人の交流をTikTokに投稿。

するとイアンさんを称賛するコメントが殺到したのです。

・イアンさんは我が家にも来てくれるわ!犬たちが毎日、彼のことを待っているのよ。

・イアンさんは最高。うちの子供たちと犬にとっても優しいんだ。

・感動して涙が出た。2人ともなんてかわいらしいのかしら。

コメントによるとイアンさんは地元では有名なフレンドリーな配達員だったようです。

そのイアンさん本人は『FOX12』の取材にこう語っています。

アヴァちゃんは(僕を見つけると)とても喜んでくれるんです。それがすごく嬉しくて、思わず笑顔になってしまいますね。

FOX12 ーより引用(和訳)

幼い少女と郵便配達員の友情が、家族の温かな交流に発展

イアンさんは2020年のクリスマスにアヴァちゃんにプレゼントを贈りました。

ウマが大好きなアヴァちゃんは、もらったウマのぬいぐるみやバービー人形に大喜びで、1日中遊んでいたそうです。

さらにイアンさんはデイヴィッドさんとアヴァちゃんの母親にもプレゼントを用意していました。なんて寛大な人なのでしょう。

イアンさんの優しさに感激したデイヴィッドさんはサプライズでお返しをすることにします。

イアンさんの8歳の息子は自閉症をもっていて、不安障害を抱えているのだそう。

そこでデイヴィッドさんは、介助犬になるために生まれた子犬をプレゼントしたのです。

『自閉症児向け介助犬』は自閉症をもつ子供にとって安らぎと信頼関係を与えて、癇癪(かんしゃく)を起こした時に落ち着かせる役割を担います。

この子犬はイアンさんの息子の素晴らしい友達になることでしょう。

幼い女の子と郵便配達員の窓越しのダンスパーティーから始まった2つの家族の交流は、多くの人たちに感動をもたらしました。


[文・構成/grape編集部]

出典
dr.daviddcFOX12

Share Tweet LINE コメント

page
top