grape [グレイプ]

ゲリラ豪雨の怖さがよく分かる 早送り映像が130万回以上再生され「衝撃」の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

夏になると増えるゲリラ豪雨。

2021年7月11日、関東地方は激しいゲリラ豪雨となりました。

一部では、雷も鳴り響きましたが、数時間後には晴れ間がのぞいたところもあったのだとか。

デューク火花木(@dukekahanamoku_)さんがTwitterに投稿したのは、ゲリラ豪雨の一部始終をタイムラプスで撮った動画です。

8万件をこえる『いいね』と、「自然って怖い」といった声が寄せられ、動画は130万回以上再生されました。

どのようにゲリラ豪雨がやってくるのかをご覧ください!

画面の奥からやってくる黒い雲。

しだいに、雨のカーテンのようなものが迫ってきて、大粒の雨が降ってきました。

見えていた景色は大雨により、何も見えない状態に。雷の光だけが街に広がっていました。

【ネットの声】

・衝撃的すぎる!改めて自然って怖いと思った。

・黒い雲が過ぎてから雨が降り出すんだ…。知らなかった。

・これはヤバい。何度も見てしまった。

・豪雨のカーテンが襲ってくるところが怖い。すごい映像だ。

気象庁は、雷鳴が聞こえたり、雷雲が近づいてきたりした場合は、すぐに安全な場所へ避難することを呼びかけています。

激しい雨が降る前に、命を守る行動を心がけましょう。


[文・構成/grape編集部]

出典
@dukekahanamoku_気象庁

Share Tweet LINE コメント

page
top