grape [グレイプ]

夏休みはコレ 卵は蒸らすだけ! 炊飯器で作る『鶏肉チャーハン』のレシピをご紹介!

By - エニママ  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

息子が小学5年生の頃、家庭科の調理実習で張り切って作り、家で実演してくれたのが『チャーハン』。

「オレ、究極のチャーハンを作れる男になりたい」と息巻いていましたが、残念なことにすぐに息子のブームは過ぎました。

そんなチャーハンは、子供にも男性にも人気がありますよね。

とはいえ、真夏にキッチンに立って強火で調理することを考えたら、料理を作る人にとっては、どちらかというと「涼しくなってからにして欲しい」と思ってしまうメニュー。

中華鍋を振るには力がいるし、毎日、子供が昼時に家にいることの多い夏休みは、できるだけ体力を温存しておきたいものです。

そこで、今回は、炊飯器で簡単に作れる『鶏肉チャーハン』のレシピをご紹介。

材料は、3~4人前なので、人数によって量を調整してください。

材料:
・米 2合
・鶏肉のこま切れ 300g
・長ネギ 1/3本
・あさつき(みじん切り) 適量
・酒大さじ 大さじ1
・しょうゆ 大さじ2
・さとう 大さじ1
・鶏ガラスープのもと 小さじ2
・オイスターソース 大さじ2
・ごま油 小さじ1
・塩こしょう 適量
・ショウガ(すりおろしチューブ) 3cm
・ニンニク(すりおろしチューブ) 3cm
・卵 2個

作り方:
1.鶏小間切れ肉に塩コショウと酒を振り、よく揉み込み、15分程度置く。

2.長ネギは、3mm程度の輪切りにする。

3.しょうゆ、さとう、鶏ガラスープのもと、オイスターソース、ごま油、ショウガ、ニンニクを合わせておく。

4.米をザルで研ぐ。

5.炊飯器に米と3を入れて水を2合の目盛りまで注ぎ、鶏肉と長ネギを散らして普通に炊く。

6.5が炊きあがったら、卵を溶き、炊飯器に回しかけて10分蒸らす。

7.全体を混ぜてから器に盛り、あさつきをかければ完成。

調味料がご飯に染みこみ、しっかり『チャーハン』になっています。

卵とあさつきで、彩りもキレイですよ。

夏休みのランチなら、つけ合わせに『わかめスープ』でも添えれば、もう十分。

キッチンで火を使いたくない時は、炊飯器にお任せしてしまいましょう!


[文/AnyMama(エニママ)・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top