8月・9月はスズメバチが危険! 知っておきたい対処法

毎年、夏〜秋頃になるとスズメバチによる刺傷事故が報道され、死亡者もでています。そんな、怖いスズメバチについて最低限知っておきたい大切な内容を、できるだけ分かりやすくまとめました。万が一のときのためにも、知っておいてください。

いちばん危険なシーズンは、8月と9月。スズメバチの種類は、約70種。日本には16種います。強い攻撃性で、最も危険とされるのがオオスズメバチです。他にも、キイロスズメバチも危険です。オスは針がなく、刺しません。

スズメバチが敵だと感じている時の危険信号

  • まわりをしつこく飛び回る。
  • 狙いをつけて、空中で停止する。
  • アゴを噛み合わせて「カチカチ」音をだす

車の中にスズメバチが入ったら

  • 触らなければさされません。(手で払ったりしない)
  • パニックにならずに車を安全な場所に止める。
  • 窓をすべて開ける。

知らずに巣に近づき、襲われたとき

  • 慌てて手ではらったりするとハチを刺激して危険です。
  • 80メートル以上離れるまで、できるだけ姿勢を低くしたまま急いで逃げる。
  • 急いで逃げられない場合は、背を向けず姿勢を低くしたまま後ずさるように逃げる。

万が一スズメバチにさされたとき

ハチ毒に対するアレルギー症状は人によって違いがありますが、じんましん、吐き気、発汗、頭痛、腹痛など、刺された箇所の直接的な痛みや腫れ以外に、全身的に症状が発生する場合があります。

意識がもうろうとしたり、呼吸が苦しくなる、血の気が引くなどのショック症状の兆候が見られたら、できるだけ速やかに医療機関を受診してください。

出典
森林総合研究所

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

おすすめ記事












検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop