親が『老いる』ということとは… 誰にも訪れるその時に、覚えておいてほしいこと

あなたのご両親は健在ですか?

人は誰でも親がいます。頼りになる父、優しい母。イメージするその姿に違いはあれど、自分がこの世にいるのは親がいたからこそです。

自分が成長するにつれて、親も年齢を重ね、次第に老いていきます。今まで元気だった姿との違いに驚いたり、とまどったり、時にはイライラすることがあるかもしれません。

そんなあなたに知っておいて欲しい詩『親の老いを受け入れる』

親が老いていくということ

それは何度も同じ話をするということ

何度も同じことを訊いては、

あなたを苛々させるということ

親が老いていくということ

それは、言葉が咄嗟に

出なくなってくるということ

言葉が出なくなっても

心の中に想いはちゃんとあるということ

「親の『老い』とはそういうものなのだな」と思わず納得し、少し優しくなれるその言葉。聞いてみてください。

筆者も、昔は大きかった父の背中が「小さくなったなぁ」と思ってしまうこともありました。しかしそれは、親が自分に様々なものを分け与えてくれたためなのだと、改めて感じました。

親が健在のうちに、少しでも恩返しをしておきたいものですね。今の自分が親にできることは何か、考えてみようと思います。

出典
親の「老い」を受け入れる

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事












検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop