grape [グレイプ] hobby

探偵になりきって真相を解明!消えた少女を探す『家で楽しむリアル脱出ゲーム』

Recommended by grape SHOP

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

街中のさまざまな場所を舞台に、謎解きをして『脱出』する、人気の体験型ゲーム『リアル脱出ゲーム』。

ゲームのテーマやストーリーは多種多様で、近頃では外出をしなくても気軽に家から参加できる、リモートタイプの『リアル脱出ゲーム』があるのをご存知でしょうか。

用意するのは、パソコンやスマホ、タブレットなど、インターネットに接続する端末だけ。専用のキットを購入すれば、いつでもどこでも『リアル脱出ゲーム』が体験できてしまうのです!

自宅にいながら謎を解く!『リアル脱出ゲーム』をオンラインで遊んでみた

最近、オンラインの『リアル脱出ゲーム』を初体験した筆者は、その楽しさに目覚め、いろいろなタイトルにチャレンジすることにしました。

今回目をつけたのは『【リアル脱出ゲーム】忘れ物探偵と消えた少女』!

タイトルを目にしただけで、初心者とはいえ謎解きマニアの血が騒ぎます。

忘れ物探偵とは、一体何なのでしょうか。早速、届いたキットをチェックしてみましょう!

自宅に届く証拠品を元に、あなたが真相を解明するリアル脱出ゲーム。

自宅に証拠品が届く…。なるほど、読めてきましたよ。さては、このケースの中に『証拠品』とやらが入っているのですね。

つまり、キットを手にした瞬間から、筆者は『探偵』になるということ。ゲームは、パッケージを開ける前からスタートしているのです!

消えた少女を謎解きしながら探す『【リアル脱出ゲーム】忘れ物探偵と消えた少女』

パッケージの中には筆記用具の入ったペンケースや、意味深なシミのある地図、そして『証拠品』という、赤字のシールが張られた小さい袋が入っています。うーん、それっぽい。

ドキドキしながら証拠品の袋を開封すると、バスの路線図や図書館の貸出カード、そしてどう見ても本物にしか見えないレシート!これは…とても、それっぽい

リアルな証拠品の数々に興奮しながら、すっかり探偵になりきったところで、ゲーム専用サイトにアクセスです。

『【リアル脱出ゲーム】忘れ物探偵と消えた少女』は、主人公の探偵が秘書や依頼人とともに、姿を消した女子高生の行方を突き止めるというストーリー。

プレイヤーは、現場に残された忘れ物から、持ち主の特徴や行動を推理する『忘れ物探偵』として謎を解き、事件の真相に迫ります。

専用サイトにアクセスすると、外にいる秘書とリモートでやり取りが始まります。本当に自分が探偵になった気分です!

こちらのゲームは、参加人数に制限はありません。推奨は1~2人とのこと。

家族や友人と協力し合いながら謎解きをするのも楽しそうですが、時間制限もないので、じっくり自分だけの力で事件の謎を解いていることにしてみました。

はたして女子高生を見つけられるのか…責任重大です!

こだわりの作り込み!ぐんぐん物語に引き込まれるオンライン『リアル脱出ゲーム』

『【リアル脱出ゲーム】忘れ物探偵と消えた少女』が普通のオンラインゲームと違うのは、実際のアイテムを手に取って調べて、そこから推理を進めていくところ。

「オンラインだけでは完結しない」というのが斬新です。

秘書にいわれて手元の写真を調べたり、証拠品に隠されたヒントを探し出したりします。

驚いたのが、物語の中で登場する図書館のサイトです。まるで、本当のサイトのように作り込んであり、とてもリアル!

なんと、女子高生のSNSアカウントまでありました!SNSの書き込みから、行動を推理していきます。ここまでこだわり抜いているなんて、すごい!

このほかにも、オンラインならではの仕掛けと、謎を解くカギとなる証拠品には「そう来たか!」と驚かされることばかり。

オンラインだからこそ楽しめる新しい謎解きのスタイルに、時間を忘れて熱中してしまいました。

そして、事件の真相にたどり着いた時の達成感は最高!

すべて自力で解決しました!」といいたいところですが、謎解きは好きでも決して得意ではない筆者は、ヒントにかなり助けられました。

親切なヒントがたくさん用意されているので、クリアできるか不安な人でも大丈夫ですよ!

物語と現実が交差する新しい体験!オンライン『リアル脱出ゲーム』の魅力

架空の物語と現実の世界を、オンラインと実際のアイテムで結びつけた『【リアル脱出ゲーム】忘れ物探偵と消えた少女』。

自宅で参加できるから、自分のペースでゆっくり楽しめるのも魅力的なポイントです。

1人でじっくり、または、友人や家族と相談しながら、新しい謎解きの体験を味わってみませんか。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top