grape [グレイプ] lifestyle

なぜ人気? アークテリクスのリュック『アロー22』にファンが多いワケ

By - はるの  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

Amazon スクリーンショット

1991年に誕生したカナダ発のアウトドアブランド『ARC'TERYX(アークテリクス)』の『リュック』は、現在も幅広い世代に愛されるクオリティの高さを誇ります。

特に、『アロー22』はアークテリクスを代表するアイテムの1つでファンが多いです。

この記事では、『アロー22』の特徴や魅力、実際にリュックを使用している人々の口コミなどをまとめました。

シンプルで使いやすいリュックを探している人は、ぜひ参考にしてみてください。

※この情報は、2022年11月時点の情報をもとにしています。また、商品は地域・店舗・時期により販売されていないケースがあります。

アークテリクスのリュック『アロー22』とは?

[アークテリクス] リュック 撥水 PC収納可 A4サイズ対応 ARC'TERYX ARRO22 アロー22 24016 [並行輸入品]

Amazonで見る

アークテリクスから登場している人気のリュック『アロー22』は、1998年に販売が開始されてから、アークテリクスのアイコン的な存在です。

アウトドアシーンで活躍する機能性の高さと、タウンユースとしても便利でコーディネートになじみやすいシンプルなデザインが、多くのファンに愛されています。

『アロー22』は、20周年を迎えた2019年にモデルチェンジを行い、現代人に合わせた使いやすさとファッション性の高さが感じられるリュックになりました。

アークテリクスのリュック『アロー22』の口コミ・評判は?

アークテリクスのリュック『アロー22』を実際に使用している人から寄せられている高評価な口コミ・低評価な口コミをそれぞれご紹介します。

高評価の口コミ

・スタイリッシュなデザインでなおかつ使いやすく、見た目以上に入ります。

・防水仕様が嬉しくてデザインも格好いいです。

・パソコンとノート1冊、筆記用具とモバイルバッテリーを持ち歩くくらいならちょうどいいサイズ感だと思います。

低評価の口コミ

・リニューアルされたロゴのデザインはいいのですが、表面が擦れて白くなるのを改善してほしいです。

・思っていた以上に高価でした。

・見た目はかっこよかったのですが、自立しないのと思ったより中身が出しにくい点でマイナスです。

おしゃれなデザインを評価している声や、使いやすさを評価する声が上がっていました。

一方で、汚れやすさや荷物の取り出しにくさに不満の声も見られます。

アークテリクスのリュック『アロー22』の特徴は?

アークテリクスのリュック『アロー22』には、主に次のような特徴があります。

・独特なシルエット

・優れた防水性

・収納力の高さ

・スタイリッシュなデザイン

それぞれの特徴について詳しくご紹介します。

独特なシルエット

『アロー22』は背負った時に、背中にフィットするよう独特なシルエットをしているのが特徴です。

リュックの底が『斜め』に作られていて、大量の荷物を入れた時に重心が下がらないような設計を採用。

登山などのアウトドアシーン向けに作られたリュックだからこそ、長時間背負い続けても身体に負担をかけにくいように作られています。

また、背面にはパッドが入っていて、内側に入れた荷物が背中に当たりにくくするような工夫も。

背負いやすさとリュックの型崩れを防ぐ仕様は、多くのファンから愛される理由の1つといえるでしょう。

優れた防水性

『アロー22』は、防水・撥水性に優れた生地がリュックの外側と内側に使用されています。

雨や雪に強く、濡れても内側まで水を通すことはありません。サラッとした質感の生地は触り心地がよく、汚れが付いても簡単に拭き取るだけでお手入れができます。

さらに、ジッパー部分から水の侵入を防げる『止水ジッパー』を採用することで、より防水性を高めているのも特徴です。

リュックの内側に水が入らないように、ジッパーを滑らせると完全にシャットアウト。若干ジッパーの硬さが感じられますが、アウトドアシーンには欠かせない設計といえます。

ちなみに、『止水ジッパー』はアークテリクスが、世界一のジッパーシェア率を誇る『YKK』と共同開発したパーツです。

収納力の高さ

『アロー22』は、22ℓという決して大きすぎない容量を上手に活用するため、あらゆるサイズのポケットが付属しています。

A5サイズのファイルなどが入れられるフロントポケット、サイドには500㎖のペットボトルがすっぽりと入れられるポケットがあります。

一方、内側にはメインスペースを開くと、『ハイドレーションチューブポート』やマチ付きのポケット、ジッパー付きポケットが付属。

1泊2日ほどの荷物も余裕で入れられる収納力があり、幅広いシーンで活躍するでしょう。

スタイリッシュなデザイン

『アロー22』は、なんといってもスタイリッシュなデザインが特徴でもあり魅力の1つです。

登山用のリュックは大きいものが多く、おしゃれなデザインよりも機能性を充実させたものが多いですが、『アロー22』はおしゃれさと使いやすさの両方を追い求めた完成形といえます。

シンプルなデザインの中に存在感があるアークテリクスのロゴが、コーディネートを格上げしてくれて、男女問わず背負うだけで格好よく見えます。

タウンユースにも使いやすいデザインで、例えば、スーツにも合わせても違和感がまったくないところも『アロー22』を愛用するファンが多い理由かもしれません。

アークテリクスのリュック『アロー22』のスペック

アークテリクスのリュック『アロー22』のスペックをご紹介します。

・素材…コーデュラナイロン、ナイロン

・サイズ…幅30cm/高さ 55cm/奥行き 25cm

・重さ…1080g

アークテリクスのリュック『アロー22』のカラーバリエーションは?

アークテリクスのリュック『アロー22』は、カラーバリエーションがいくつかあります。

・『24K Black』

・『Nocturnus』

・『Carbon Copy』

・『Stealth Black』・・・など

また、上記以外にもアークテリクスの『アロー22』は、アパレルブランド『BEAMS』とコラボしていて、特別仕様のカラーも登場しています。

気になった人は、『BEAMS』公式サイトなどをチェックしてみてください。

アークテリクスのリュック『アロー16』はコンパクト設計

アークテリクス アロー 16 バックパック リュックサック デイパック メンズ 24018 16L B4 [並行輸入品]

Amazonで見る

アークテリクスのリュック『アロー22』には、コンパクトなサイズの『アロー16』というリュックも登場しています。

容量は22ℓから16ℓに変更されて小さくなり、より男女問わずデイリーユースしやすいサイズ感になりました。

デザイン的には従来の『アロー22』をリスペクトしていて、長年『アロー22』を使用している人も手に取りやすいリュックになっています。

コーディネートを『きれいめ』にまとめたい時に、背負うだけでアクセントになるので、シンプルなデザインのバッグを1つ持っておきたい人にもおすすめです。

まとめ

アウトドアブランド・アークテリクスから登場している人気のリュック『アロー22』の特徴や魅力、実際に使用している人々の口コミをご紹介しました。

いつの時代に使ってもおしゃれに見えるデザインであることや、防水性に優れた生地が使用されているおかげで、耐久性が高いことなどを踏まえると、1つ持っていて損はしないリュックといえます。

長く使っていきたいリュックとまだ出会えていない人は、ぜひアークテリクスの『アロー22』を試してみてください。


[文・構成/grape編集部]

出典
Amazon

Share Tweet LINE コメント

page
top