grape [グレイプ]

「私があなたの目になるよ」目が見えないオス犬を『盲導犬』として支えるメス犬

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:Facebook

アメリカのオレゴン州にある動物シェルターに、飼い主に捨てられた2匹のダックスフントが保護されました。オスのハービーとメスのヒルダ。2匹はとても仲良しで片時も離れることはありません。

見るからに特別な絆で結ばれている2匹。実はハービーは目が見えないため、ヒルダが彼の”盲導犬”となり、いつもハービーのガイドを務めているのです。

そんな2匹の仲睦まじい姿を見たシェルターのスタッフは、2匹を一緒に引き取ってくれる里親を募集することにしました。

最初に保護されたシェルターの判断で、2匹は里親が見つかる可能性がより高くなる小規模のシェルターに移され、Facebookなどで大々的に里親を求める告知がされました。

2匹とも引き取ってくれること、さらにハービーが目が見えないということもあり、里親探しは困難になるかもしれないと予想されていました。しかし、ついに2匹の里親希望者が見つかったのです。

里親希望のその夫婦は、遠くワシントン州から車で5時間もかけて、ハービーとヒルダに会いにやってきました。

夫婦は大切に飼っていた16歳のダックスフントが死んでしまったため、新しい犬を飼いたいと思っていたのだそう。そんな時にハービーとヒルダのことを知り、「この子たちは私たちの子だ」とすぐに確信したと言います。そして実際に2匹と会った時、ヒルダがハービーを一生懸命に守る様子にすっかり心を打たれたそうです。

ハービーとヒルダも里親の夫婦に会った瞬間すぐに彼らに懐いたのだそう。これからは優しいお父さんとお母さんのもとで、2匹仲良く幸せに暮らしていってほしいですね。

出典
NO KILL REVOLUTIONSalem Dogs

Share Tweet LINE コメント

page
top