grape [グレイプ] trend

10年ぶりに誕生した貴重な白キツネの赤ちゃん もふもふの白毛【写真】

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:Fox Gallery

宮城県白石市にある宮城蔵王キツネ村に、通年白毛のホッキョクギツネ(通称、白キツネ)の赤ちゃんが10年ぶりに産まれ、注目を集めています。

まずは、そのあまりにも愛くるしい姿をご覧ください。

きゃ、きゃわいぃ♡

ちなみに、産まれたのは全身真っ白な子少し灰色の模様がある子の2匹で、名前は「はなこ」と「ななこ」。

2匹とも女の子だそうです。

また、キツネと言うと「寄生虫のエキノコックスが心配」という人もいるかもしれません。

しかし、宮城蔵王キツネ村にいるキツネは、きちんと定期健診を受けていて、開園以来感染数はゼロなんだそうです。

安心して可愛らしいキツネと戯れることができますね!

通常は夏になると灰褐色の毛になるのに…

通常、ホッキョクギツネは夏になると灰褐色の毛になります。

しかし、宮城蔵王キツネ村にいる通年白毛のホッキョクギツネは、夏の間も白い毛のまま。理由は不明ですが、日本ではここで見ることができないそうです。

あくびをしている姿もカワイイ

白くて柔らかそうなふわふわの毛

とても繊細なので、勝手に触ったり抱いたりしてはいけないとのこと。

スタッフの方に声をかけて、赤ちゃんたちが起きている時間帯ならば、なでることもできるそうですよ。

見ているだけでも、何だか癒されてしまうホッキョクギツネの赤ちゃん。2匹とも元気にすくすく成長してほしいですね!

出典
@t_iyodan4989/@rikukinako@azukiosamitu宮城蔵王キツネ村

Share Tweet LINE コメント

page
top