grape [グレイプ]

天国へ旅立つ赤ちゃんへのドレス『エンジェルガウン』必要とされないよう祈る

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

『エンジェルガウン』とは、この世に生を受けながら、一度も病院から家へ帰ることができないまま天使になった赤ちゃんに着せてあげるためのドレスのこと。

エンジェルガウンはウエディングドレスから作られることが多く、その理由は「赤ちゃんが天国でも幸せに過ごせますように」という願いが込められているからだと言われています。

自分のウエディングドレスでエンジェルガウンを作った女性

アメリカのケンタッキー州に住むジャスティさんは、自分のウエディングドレスをエンジェルガウンを制作している会社に送りました。そして後日、送られてきたエンジェルガウンの写真を自分のFacebookに投稿。そこにはこんなメッセージが添えられていました。

今日、私のウエディングドレスが戻ってきました。今年の初めに、このドレスでエンジェルガウンを作ってもらうために送っていたんです。病院から一度も家に帰ることができなかった赤ちゃんたちのために。これらのエンジェルガウンは小児病院の新生児集中治療室に寄付します。

私のウエディングドレスと同じくらい美しい17着の小さなドレスが出来ました。これらのドレスが使われる機会がないことを祈ります。

Justi Underwood Bates / Facebook ーより引用(和訳)

ジャスティさんのウエディングドレスから作られたかわいらしいエンジェルガウン。彼女のこの写真は、メディアに取り上げられたことをきっかけに多くの人の目にとまりました。そして、この写真をきっかけに初めてエンジェルガウンというものがあることを知ったと言う人も多かったようです。

海外ではエンジェルガウンを制作している会社がたくさんあります。ウエディングドレス以外のドレスもエンジェルガウンにリメイクすることが可能だということです。

「2,3年前に、ある女性が自分のウエディングドレスでエンジェルガウンを作ったというニュースを見たんです。私も自分のドレスがクローゼットの奥につるされたままになっていたので、これを必要としているご家族の助けになればと思って。」

のちにメディアのインタビューを受けたジャスティさんはこう話しています。

彼女の投稿がきっかけでエンジェルガウンについて知った人の中には、自分や家族のドレスを寄付したいという人もいるようです。たとえ短い時間だったとしても祝福されて生まれてきた尊い命。最後は美しいドレスに身を包んで旅立たせてあげたい。1着1着にそんな思いが込められたエンジェルガウン。

しかし願わくは、ジャスティさんの言う通り、これらの可愛らしい小さなドレスが必要とされる機会が訪れないことを祈るばかりです。

出典
Justi Underwood BatesAngel Gowns Australia Inc.

Share Tweet LINE コメント

page
top