grape [グレイプ]

年賀はがきの国際郵便バージョン 年始早々ブラックジョーク効きすぎ!?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:日本郵政

お正月の挨拶である「年賀状」に18円切手を貼れば国際郵便はがきとなり、海外にも年賀状を送ることができます。

Twitterユーザーの侘助さん(@wavisque)も、年賀状を海外に送るべく18円切手を貼ったところ、ブラックジョーク効きすぎな年賀はがきになってしまったそうです。

一体どんなものになったのかというと…?

出典:@wavisque

食材にしか見えなくなった

偶然か、必然か…

日本郵便では、1枚52円の通常のはがきと、国際郵便はがきとの差額に対応した『海外グリーティング(差額用)』切手を発行しています。

2016年に発行された差額用切手のデザインは『そば』と『親子丼』。それぞれ、国内・国外の人々が日本をイメージしやすい食べ物という理由で選ばれました。

出典:日本郵政

しかし、まさか酉年の年賀はがきと組み合わせることで、食材をイメージさせる結果になろうとは…。

干支の巡り合わせが生んだ偶然に、多くの人から悲鳴にも似た笑いが上がっています。

  • 全鶏が泣いた。
  • 悲劇的なビフォー・アフター。
  • これは、日本郵便の罠だ!
  • まさかの遺影撮影。(今年の年賀はがきは、鶏が自撮りしています)
  • そばを貼っていても、それは鶏南蛮に…。

これは本当に偶然なのでしょうか?もしかして、日本郵便の策略…?深読みせずにはいられません!!


[文/grape編集部]

出典
‏@wavisque

Share Tweet LINE コメント

page
top