grape [グレイプ]

小さな小さな『修道士』が世界から注目!魚に説教する、彼の正体にキュン

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:Kasper Mariusz Kaproń Ofm

南アメリカのボリビアにある都市・コチャバンバ。この街にある聖フランチェスコ修道院には、ちょっぴり変わった修道士がいます。

保護された犬、立派な修道士に大変身!

修道士の名は、『ヒゲ』という意味のブリゴトーン。なんと彼は、人間ではなく犬の修道士なのです!

修道服を着用したブリゴトーンは、この修道院で優しい『仲間』に囲まれて暮らしています。

ブリゴトーンは元々、修道院に迷い込んだ野良犬でした。

聖フランチェスコは、「動物や自然を兄弟のように愛せよ」と唱えた愛護精神溢れる聖人。同じく動物を愛している修道士たちは、ブリドトーンを保護することにしたのです。

ちなみに、聖フランチェスコには魚に説教を試みたという逸話があります。そんな聖フランチェスコを見習ったのか、ブリゴトーンも魚に説教するように!

…という冗談はさておき、元気いっぱいなブリゴトーンは魚や鳥といった他の動物たちに興味津々なのだそうです。

地元の動物愛護団体Proyecto NaricesFríasに対し、修道士たちはこうコメントしています。

「いつか、わが国にあるすべての修道院が、住む場所がない犬たちを保護できたらいいのに…と思います」

Proyecto Narices Frias ーより引用

ブリゴトーンは修道士としての仕事をこなしつつ、たくさんの人から愛を受けて暮らしています。

きっと彼は、これからもたくさんの動物たちに神様の教えを説いてくれることでしょう!


[文・構成/grape編集部]

出典
Proyecto Narices FriasProyecto Narices Frias

Share Tweet LINE コメント

page
top