grape [グレイプ]

「侍だったぜ!」アメリカに敗れるも、侍ジャパンへのファンの声は熱い!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2017年3月22日に行われた野球の国際大会『2017WBC』の準決勝でアメリカと対戦した、我らが侍ジャパン。

試合は4回、日本はここまで守備でチームのピンチを幾度となく救ってきた二塁手の菊池涼介選手のエラーからランナーを許すと、そのランナーがタイムリーヒットで生還し、先制点を許します。

6回にはそのエラーの分をなんとかバットで返したかったという菊池選手が値千金のソロホームランを放ち、同点に。

しかし勝利の女神は日本に微笑みかけてはくれませんでした。8回にはヒット、ツーベースヒットと連打を浴び2人のランナーの出塁を許し、次のバッターが放ったサードゴロを三塁手の松田宣浩選手がファンブルしている間に3塁ランナーが生還。アメリカに1点が追加されます。

結局、その1点が決勝点となり、日本は2対1でアメリカに破れました。

日本の野球は世界に通用する!

今回の侍ジャパンはWBC本戦前の強化試合を負け越してしまったこともあり、一部では『史上最弱の侍ジャパン』と不名誉な呼ばれ方をされていました。ですが、大会が開幕すると予選ラウンドを無傷の6連勝。

唯一の4大会連続準決勝進出チームとなりました。

また、侍ジャパンを破り、優勝を飾ったアメリカ打線を今大会で2点に抑え込んだのも日本のみ。

いかに日本の投手が今回の大会で好投したか分かります。日本の投手力が「世界に通用した」と言い換えることもできます。

侍ジャパンには感謝のメッセージが続々!

気合を入れて侍ジャパンを応援していたさまぁ~ずの三村マサカズさん

アメリカ戦終了後にはこんなツイートをしていました。

さらにはNMB48の山本彩さんDAIGOさんも侍ジャパンへの感謝のメッセージを送っています。

世間の人々からも、さまざまなメッセージが集まっています。

  • ナイスゲームをありがとう!感動しました
  • 日本は野球が強いというのを再確認できた
  • 選手たちはベストを尽くしたと思う。勇気をもらいました!
  • 小久保監督もプレッシャーが大きいなかで、よくチームを引っ張ってくれた
  • 菊池は世界に誇れるセカンドだと思う

世界各国の野球レベルはますます上がってきています。そんな中でも、次回の大会では侍ジャパンの世界一奪還に期待したいですね!!


[文・構成/grape編集部]

出典
@MLBJapan@hentaimimura@SayakaNeon

Share Tweet LINE コメント

page
top