grape [グレイプ]

ブーム再燃『スーパーカーショー』40年ぶりに北九州で開催!子どもたちに夢を

By - TOGGY  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

ボンジョルノ!福岡よりTOGGYです。

1970年代半ばに訪れたスーパーカーブーム。
その頃の僕は『サーキットの狼』を読み、スーパーカー消しゴムをBOXYのボールペンでひたすら弾き、赤いソノシートに録音されたランボルギーニやフェラーリのエキゾーストノートに聴き入る小学生でした。

写真はイメージ

『世界のスーパーカーショー』が北九州市小倉(当時は博多より小倉の方が賑わってましたから)の西日本総合展示場にやって来たのが1977年。弟2人とランボルギーニ・カウンタックLP400の前で並んで撮った写真がこちら。(許諾を取っていないため全員サングラスです(笑))

スーパーカーの聖地とも言えるこの場所で、なんと!スーパーカーに「メガ」がついたモーターショーが40年ぶりに開催されたのです!

メガスーパーカーとは『エンジン出力1000馬力以上かつ価格が1億円を超える車』を示す造語。

『ブガッティ・ベイロン、ケーニグセグ・アゲーラRSR』を中心に、世界の名車約60台が集結。しかも光栄なことに、このイベントのメインMCを仰せつかりました。クルマ好きで良かった!

平日にもかかわらず初日から大盛況!スーパーカーブーム再燃の兆しあり。

コンパニオンのお姉さまはもちろん、サイバージャパンダンサーズ・楽しんごのステージや、美しすぎるレーシングドライバー塚本奈々美ちゃんのエキゾーストサウンド生ライブで会場もヒートアップ。

ランボルギーニ・ヒストリーの展示では、歴代カーの中にカウンタックの勇姿も!

最終日には、今回の出展車「Kode 57 Enji」のデザイナーKEN OKUYAMA氏がサプライズ登場!トークショーの後は自らエンジンをかけ、官能的なV12サウンドを披露してくれました。

会場では目を輝かせた子供達の姿をたくさん目にしました。

実は「憧れのクルマを通して夢を!」というコンセプトのもと、主催者から地元の小学生に2万枚の招待券が配布されていたのです。会場の子どもたちを見ていたら、あの頃の自分と重なります(涙)。

ニッサン、トヨタをはじめ多くの自動車メーカー工場が集うカーアイランド九州。

将来この子どもたちの中から、世界に誇る日本車を開発するエンジニア・デザイナーが育つのが楽しみでなりません。


[文・構成 TOGGY]

logo_toggy

福岡の茶人・DJ TOGGY(トギー)

波瀾万丈の人生経験・元ミュージシャンの感性・モテ声トークを武器に様々なメディアでLifeStyleを発信し続ける「イタリア系九州男児」福岡市内の山中にサロン・スタジオ・茶室を建築し専ら草むしりの日々。
<レギュラー番組>
LOVE FM
TOGGYのSTART UP TODAY!
J:COM
「TOGGYの清く正しくテキトーチャンネル
KBCラジオ
「TOGGYの土曜の夜にナンモナイト?

出典
メガスーパーカーモーターショー2017

Share Tweet LINE コメント

page
top