grape [グレイプ] trend

見る人の動きで変化する光のアート 『チームラボ』の新作から目が離せない

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

プログラマやCGアニメーター、数学者などさまざまな分野のスペシャリストが集まるアート集団『チームラボ』。

2018年1月5日から『ナショナル・ギャラリー・シンガポール』で開催される、光を使った美しいアートの映像を公開しました。

映像と一緒に歩く

今回展示される2つの作品は、来場者の動きによって変化を見せる、映像作品となっています。

Walk, Walk, Walk: Search, Deviate, Reunite

多様な肖像群が歩き続ける作品で、来場者が映像に触れると反応し、立ち止まったり、方向を変えて進んだりするようになっています。

来場者も一緒になって作品に加わることができるようです。

花と人 – Dark / Flowers and people - Dark

花はプログラムによって、リアルタイムで描かれており、同じ映像が繰り返されることはありません。

また、来場者の振る舞いなどによって、花は散ったり咲いたり、とさまざまな表情を見せてくれます。

チームラボの作品を見た人たちからは、「この美しいアートを多くの国の人に見てもらいたい」「毎回、綺麗で驚かされる」といったコメントが寄せられていました。

これまでにも、福岡城跡や国登録記念物の名勝地などを使って、アート展を行ってきたチームラボ。

人が関わることによって、まったく違った表情を見せる新しいアートを、一度は体験してみたいですね!

teamLab: Walk, Walk, Walk: Search, Deviate, Reunite

期間:2018年1月5日~8月12日まで
会場:National Gallery Singapore(ナショナル・ギャラリー・シンガポール)
住所:1 St Andrew's Road, Singapore 178957


[文・構成/grape編集部]

出典
Walk, Walk, Walk: Search, Deviate, Reunite (Digest)Flowers and People - Dark βVer. / 花と人 – Dark βVer.

Share Tweet LINE コメント

page
top