grape [グレイプ]

西城秀樹とちびまる子ちゃんの『奇縁』に驚く声 「こんな偶然ってあるの」

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

2018年5月16日、急性心不全のため63歳で亡くなっていたことが分かった、歌手の西城秀樹さん。

西城さんの若いころを知っている人にとっては、『新御三家』の1人という印象でしょう。

しかし、30代以下の人からは「アニメ『ちびまる子ちゃん』に登場する、お姉ちゃんが好きな歌手」という印象の人が多くを占めるようです。

まる子のお姉ちゃん(さきこ)は、作中で西城さんをモデルとした『ヒデキ』の熱狂的なファンとして描かれています。

ヒデキのブロマイドを持って大騒ぎしたり、ヒデキを想うあまり我を忘れてしまったり、レコードを聴いて絶叫したり…といった姿が印象的です。

アニメを見ていた人たちは、当時「普段はクールなお姉ちゃんがこんなに騒ぐなんて、きっとヒデキはすごい歌手なんだ…」と思ったことでしょう。

西城秀樹と『ちびまる子ちゃん』の偶然に、ネットから驚く声

1990年から2016年までお姉ちゃんの声優を務めたのは、水谷優子さん。

水谷さんは2016年に乳がんで亡くなり、現在の放送では2代目の豊嶋真千子さんが声を当てています。

今回の西城さんの訃報によって、ネット上では西城さんとちびまる子ちゃんの『不思議なつながり』が話題になっています。

お姉ちゃんの声優を務めていた水谷優子さんが亡くなったのは、2016年5月17日

そして、西城秀樹さんの旅立ちが報じられたのは2018年の5月17日

この話題はまたたく間に拡散され、ネット上では「こんな偶然あるんだ…」「天国でお姉ちゃんとヒデキが幸せになるといいな」といった声が多数上がっています。

原作者のさくらももこさんが西城さんのファンのため、1991年にはエンディングテーマとして『走れ正直者』が流れました。

西城さんの訃報を受け、「アニメで再び『走れ正直者』を流してほしい」という要望が上がっています。

若いころの西城さんを知らない世代に、『ヒデキ』の素晴らしさを広めたお姉ちゃん。きっと、空の上で憧れのヒデキに握手をしてもらっていることでしょう。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE