grape [グレイプ]

LINEをしていた母、吹く! TVで原辰徳の名前を聞いた長女、衝撃の発言

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

2009年、第2回WBCの監督を務める

元プロ野球選手の原辰徳さんは、1980年にドラフト1位で読売ジャイアンツに入団。

長年にわたって読売ジャイアンツの4番打者を務めました。現役引退後は野球解説者などとして活躍し、2001年には長嶋茂雄監督の後を継いで監督に就任。就任1年目にして、チームを日本一に導きました。

2018年には、長嶋茂雄さん、王貞治さんなども名を連ねる『野球殿堂』入り。プロ野球界での華々しい経歴を持つ原辰徳さんですが、現代の子どもたちには意外な認識をされているようです。

1977年撮影

真面目なLINEをしていた母、吹く!

LINEで真剣なやり取りをしていた、母親であるめぐっぴ(@megppi77)さんは、長女の言葉に吹き出してしまいます!

TVで巨人戦の中継を見ていた娘さんは、母親が驚くようなことをつぶやいたのです。

「やば…はらたつのりってほんとにいるんだ…怒った時にいう言葉じゃなかったんだ…」

腹立つ=原辰徳とかけた、懐かしのギャグ!

原辰徳さんの全盛期を知っている人ならば、「はらたつのりってほんとにいるんだ」という娘さんの言葉には、かなりの衝撃を受けるのではないでしょうか。

「時の流れは恐ろしい…」と苦笑せざるを得ないエピソードですね。炭酸水を吹いてしまったお母さん、お大事に!


[文・構成/grape編集部]

出典
@megppi77

Share Tweet LINE