grape [グレイプ]

「結婚をいいものだと思いすぎ」 山里と若林に、直木賞作家が鋭い指摘

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

※写真はイメージ

2018年10月7日に放送されたトーク番組『ボクらの時代』(フジテレビ系)に、南海キャンディーズの山里亮太さん、オードリーの若林正恭さん、直木賞作家の西加奈子さんが出演。

ほぼ同世代の3人が、仕事についてや結婚について語りあいました。

その中で西さんが語った『結婚観』に共感の声が上がっています。

西加奈子「結婚をいいものと思いすぎ」

若林さんから「わざと彼女を作らないの?」と質問された山里さん。

彼女を作らない理由をこのように答えています。

俺の走っている燃料は、本当に妬み、嫉み、恨み、辛み、怒りだったら、その彼女なり、結婚なりってなったら、それをすべて消し去るものなんじゃないかっていう(心配がある)。

ガソリンがなくなって動かなくなって、「ふふん(愛想笑い)」しかできなくなりそう。

ボクらの時代 ーより引用

また、山里さんが信頼している人物からは「やまちゃんは、幸せになったら終わりだよ」といわれたこともあるのだそうです。

幸せになることに抵抗を感じている山里さん。3人の中で唯一結婚し、子どももいる西さんに「子どもを産むと変わる?」と質問を投げかけます。

すると西さんは…。

変わる変わると思っていたけど、変わらへん。

人間って1人よ、やっぱり。すごい、基本孤独だと思う。悪い意味じゃなくて。

だからうちに関しては、子どもができたから作品が(変わる)とかはまったくない。

ボクらの時代 ーより引用

西さんの意見を聞いても、「いつ結婚をしたらいいのか分からない」と悩み続ける山里さんと若林さん。

西さんは「結婚を幸せなものと思いすぎているんじゃない?」と指摘し、知り合いの漫画家さんのエピソードを語りました。

その人は独身の女性の悲哀みたいなのをお笑いにして、ギャグ漫画を描いている漫画家さんだったけど「どうしよう、結婚して幸せになっちゃったら(漫画が)描けないじゃないか」って(心配をしていた)。

漫画家さんの旦那さんに相談したんだけど、「大丈夫、結婚しても幸せにならないから」っていわれたんだって。

ボクらの時代 ーより引用

西さんは「結婚すれば幸せなことは増える」と認めながらも、結婚は「日常の延長だと思う」と2人を諭しました。

西さんの結婚観に、ネット上ではこのような声が上がっています。

・価値観の違いなどがストレスになることもあるし、結婚して不幸になる人もいますからね。

・本当にその通りだと思います。結婚に幻想を抱きすぎてはいけません。

・結婚を幸せなものと思いすぎとか、すごく共感できました。名言ですね。

結婚をすることでガラリと人生が変わる人もいれば、それまでの日常とまったく変わらないという人もいるようです。

「結婚は幸せなもの」と思いすぎないことが、結婚に踏み切るための重要な考えの1つなのかもしれませんね。


[文・構成/grape編集部]

出典
ボクらの時代

Share Tweet LINE