grape [グレイプ]

激怒して収録を中断させたヒロミ 理由にグッとくる

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2018年9月10日をもって解散した、タレントの滝沢秀明さんと今井翼さんの男性アイドルグループ『タッキー&翼』。

滝沢さんは年内いっぱいで芸能活動を引退し、ジャニーズJr.の育成やエンターテイメント面でのプロデュースを手がける仕事に専念すると報じられています。

滝沢秀明からの『感謝の手紙』に、ヒロミは

同年12月24日に放送されたバラエティ番組『有吉ゼミ』(日本テレビ系)に出演した滝沢さん。

『有吉ゼミ』には、お笑いタレントのヒロミさんが大工としてさまざまな家をDIY&リフォーム活動する企画があります。これまで滝沢さんは、ヒロミさんの弟子として同企画に出演してきました。

滝沢さんの引退報道があった9月には、ネット上でヒロミさんを心配し、「愛弟子がいなくなるなんて大丈夫?」といった声が数多く上がるほど、幅広い世代に人気の企画です。

滝沢秀明「僕にとって、とても頼りになる兄貴のような存在」

24日に放送された企画で、弟子として最後の仕事を終えた滝沢さんに対し、ヒロミさんは色違いの服をプレゼントします。

一方、滝沢さんはお世話になったヒロミさんに対し、これまでの企画で撮影した作業光景の写真が入った、手作りの写真立てをサプライズでプレゼント。さらに、用意していたヒロミさんへの手紙を読み上げます。

番組内でヒロミさんのことを「棟梁」と呼び、慕っていた滝沢さん。手紙には、感謝の気持ちがこめられていました。

今から23年前、デビューまもない僕のTV初出演は、棟梁が司会をしていた番組でした。

当時、30歳だった棟梁はちょっと怖く、周りがピリッとするような存在でした。

番組内で棟梁が激怒し、収録が中断したこともありましたね。

しかしそれは、横柄なゲストに困っていた僕たちJr.を守るための行動でした。

周りの大人は怖れていたかもしれませんが、僕にとっては、とても頼りになる兄貴のような存在。

常に僕たち一人ひとりの事を気にかけてくださることに感謝の連続でした。

有吉ゼミ ーより引用

滝沢さんは手紙の中で、ヒロミさんが司会をしていた番組に出演した、デビュー当時のことを振り返ります。

ある時の収録で、「横柄な態度のゲストに困っていた滝沢さんたちを守るために、ヒロミさんが激怒した」というエピソードを披露。滝沢さんはそのころからヒロミさんを『頼りになる兄貴』として、慕っていたといいます。

滝沢秀明「親よりも先に報告した」

さらに滝沢さんは、自身が芸能界を引退をする件について、「親よりも先にヒロミさんに報告した」と語ります。

今回、プロデュースの道へ進むことを決意した時、親よりも先に棟梁に報告しました。

棟梁は「また一緒に何か作りたかったな…」と、弟子として一番嬉しい言葉をかけてくださいました。

これから僕は裏方に徹し、人材を育成する道を進みます。

これからもそんな僕を見守り、時には厳しい兄貴として叱ってください。

23年間、本当にお世話になりました。

有吉ゼミ ーより引用

滝沢さんの言葉をかみしめるように聞きながら、瞳をうるませたヒロミさん。「プロデュースをしたアイドルが早く世に出て、滝沢の仕事の結果が出ればいいなと思う」と、自身の想いを口にしました。

ネット上では、滝沢さんとヒロミさんの師弟愛に、涙を誘われる人が続出しました。

・ヒロミさんへの想いが伝わる、素敵な手紙だなぁ。

・思いやりのある師弟愛に、涙が止まらない。

・ヒロミさんはさびしくなるね…。タッキー、いままで本当にお疲れ様でした!

デビュー当時から、時に厳しく時に愛情深い優しさで見守り続けてくれたヒロミさんに、感謝している滝沢さん。

ヒロミさんに教わった、数々のスキルや心構えを胸に、新しい仕事でも活躍することでしょう。


[文・構成/grape編集部]

出典
有吉ゼミ

Share Tweet LINE コメント

page
top