grape [グレイプ]

猫の耳が寝たのを見て、飼い主「照れて可愛い」 本音を知ってショック…

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:母さんは今日も世話をやく。

飼い主に従順な犬に対して、気まぐれな行動が多い猫。

普段は『構われたくないオーラ』を発している猫ですが、時々見せる『甘えモード』とのギャップにメロメロになってしまう人は少なくありません。

3匹の猫との日常を漫画に描いている藤緒ミルカさんも、そんな猫好きの1人。

飼っている中でも特にやんちゃな黒猫の八朔(はっさく)ちゃんをなでていると、耳をペタッと寝かせたのだそうです。

その様子を見て、「照れているのだろう」と思っていた飼い主さん。

しかし、猫の本音は違ったようで…。

耳を寝かせる意味を飼い主さんが調べると…。

なんと「少しイラっとしてストレスを感じている」「かまってほしくない」という気持ちの表れである、通称『イカ耳』だったとのこと。

飼い主さんがかまいすぎてしまった結果、八朔ちゃんはちょっとストレスを感じていたようです。

漫画を読んで、同じようにショックを受けている人たちから、コメントが寄せられていました。

・可愛いからついついかまいすぎてしまうんですよね。しつこいのかなぁ。

・猫が耳を倒すのは、不機嫌のサインだって聞いたことあります!

・うちの猫もかまいすぎると耳を倒します。それでもなでさせるってツンデレですよね。

普段なでさせてくれない猫がたまになでさせてくれると、嬉しくてかまいすぎてしまう飼い主は多いもの。

ただ、しつこすぎるとちょっとストレスに感じることもあるようです。

とはいえ、気まぐれな猫ですから、イカ耳になったあとすぐに「かまってー」と寄ってくることもあります。

なでるもかまうも、猫の気分次第…気難しいお猫様の気分を害さないように接するのは、なかなか難しそうですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
母さんは今日も世話をやく。

Share Tweet LINE コメント

page
top