grape [グレイプ]

「見たことあるけど名前は知らない」 昭和の窓ガラスに驚きの声が殺到

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

透明なガラスではなく、片面に模様を付けたガラスを型板ガラスと呼びます。

昭和の時代に建てられた家などに使われていることが多く、見たことがある人も多いのではないでしょうか。

※写真はイメージ

実はこういった型板ガラスには、さまざまな名前が付けられているのだとmighty(@almighty0404)さんはいいます。

こちらの型板ガラスは、『夜空』という名前なのだそうです。

いわれてみれば、確かに夜空に無数の星が輝いているような模様に見えます。

ほかの模様にも『銀河』『らんまん』『サーキット』などの名前が付いているそうです。

「昔から目にしていたガラスに、素敵な名前があった」とネット上では驚きの声が上がりました。

・祖母の家にありました!そんな素敵な名前があったんですね。

・昔は古臭いなと思っていましたが、いまはこのレトロ感が好きです。

・懐かしいですね。名前を知ったら可愛く思えてきました。

・築40年の家には、現役でこのガラスがありますよ。

いまでは貴重なものになってしまった型板ガラス。

名前と共に、もう一度どのような模様があるのかを眺めてみたくなりますね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@almighty0404

Share Tweet LINE コメント

page
top