grape [グレイプ]

「もし我が子がゲイだったら?」 ウィリアム王子の回答が、心に響く

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

イギリスのウィリアム王子は2019年6月26日、LGBTのホームレスの若者を支援する慈善団体『アルバート・ケネディ・トラスト(Albert Kennedy Trust=以下、AKT)』を訪問。

「たとえ子どもが同性愛者であっても、全力でサポートする」と宣言しました。

LGBTのホームレスの若者を支援する慈善団体

訪れた慈善団体『AKT』で、支援を受けている若者たちと会話をしたウィリアム王子。

若者から「もし、子どもから、ゲイやレズビアンだとカミングアウトされたらどうしますか」と質問をされると、こう答えました。

これは、親になるまであまり真剣に考えなかったことですね。私にとっては、もちろん、全く問題ありません。

The Guardian ーより引用(和訳)

穏やかな口調で、きっぱりと「問題ない」といったウィリアム王子。しかし、父親の立場から子どもたちがLGBTであった場合に直面する困難について、懸念を示しました。

子どもたちのセクシュアリティについては心配していません。

気がかりなのは、王室として注目される子どもたちが、周囲にどう思われたり見られたりするのか、それによって彼らにどんなプレッシャーがかかるのかということです。

キャサリンと私は、そのことについては子どもたちが準備できるように、話し合いを重ねています。

The Guardian ーより引用(和訳)

さらに、ウィリアム王子は次のように続けました。

私は子どもたちがどんな選択をしようと、その決断を全面的に支持します。

ただあなたたちもよく知っている通り、そのことで人生においてどれほどの困難と向き合わなくてはならないのか…それは心配ですね。

LGBTとして生きることが、普通でよいことのように受け止められる社会であればと願いますが、特に私の家族の場合、その立場ゆえに少し神経質になってしまいます。

「子どもたちが壁にぶつかったり、憎しみに満ちた言葉をかけられたり、迫害や差別を受けるかもしれない」という親としての不安はあります。

けれど私たちみんなで、そういったものを正し、変えていかなければいけません。LGBTへの迫害や差別を過去のものとし、戻らないようにしなくては。

The Guardian ーより引用(和訳)

AKTの責任者、ティム・シグスワースさんは、王子の訪問後「将来の国王が自分の子どもがLGBTだと打ち明けられてもサポートするといったことは、私たちの社会全体にとって大きな意味のあるメッセージです」と語っています。

LGBTの人の中には、家族にカミングアウトをしても拒絶されるなど、周囲からの差別や偏見に苦しむ人がたくさんいます。

今回のウィリアム王子の発言は、そういった多くの人々を勇気づけたことでしょう。

性の多様性を認め合える社会にしていくために、私たち一人ひとりが理解を深めることが大切ですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
The Guardian

Share Tweet LINE コメント

page
top