grape [グレイプ]

酪農家の注意喚起に「知らなかった」の声 牛が鳴き続けている理由は…

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

酪農場で働いている、漫画家の牛川いぬお(@TDQFRYtruJY7ZxR)さん。

多くの牛から新鮮な牛乳を日々しぼりながら、酪農家の日常を漫画で描いています。

牛川さんは、酪農未経験の従業員が入社した時に、必ず真っ先に教えていることがあるといいます。それは何かというと…。

牛が鳴いていたら近付かないで!

人間が何かを訴えたい時に言葉を発するように、動物もなんらかの意思表明をするために声を上げています。

「モー」と鳴き声を上げ続けている牛がいると、牛に詳しくない人は「悲しいのかな」「何か痛いのかな」と心配してしまいがちです。

ですが、牛川さんは「鳴き続ける牛には近付いてはいけない」と力説。その理由は、発情して襲い掛かってくる可能性があるためといいます。

乳牛の代表であるホルスタインの体重は、なんと600~700kgほど!成人男性のおよそ10倍もの体重がのしかかってきたら、無事では済まないでしょう。

牛川さんの注意喚起はまたたく間に拡散され、多くのコメントが寄せられています。

中には、牛に近付いてケガをした経験がある人も。こうして知識を共有する必要性を再確認します。

・初めて知った!こういうのは、現場の人じゃないと分からないことも多いよね。

・見てるだけだと可愛いけど、言葉が通じない600kgの生き物って考えるとすごいな。

・発情期と知らず世話をしようとして、牛に頭で思いっきり突かれたことがある。

・人生で骨がきしむ音を聞いたのは、牛に乗っかられた時だけです…。

学校の職業体験や遠足でも、牛に触れ合う機会はあることでしょう。子どもにもいい聞かせておきたいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@TDQFRYtruJY7ZxR

Share Tweet LINE コメント

page
top