grape [グレイプ]

『綱引き』に参加した夫が帰らぬ人に 妻「同じつらさを他の人に味わってほしくない」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

京都で農業を営んでいるFarmer's KEIKOさんは、2018年10月23日に夫を『急性心筋梗塞』で亡くしました。

52歳で旅立ってしまった夫。早すぎる別れにKEIKOさんはショックを受けましたが、さまざまな人に助けられながら気持ちの整理をしてきました。

死後100日目の法事が近付いた2019年1月22日には、いままで明言してこなかった『夫が亡くなった経緯』をブログで明らかに。

KEIKOさんは「寒い時期に気を付けたい危険な行為」と「田舎暮らしのリスク」について言及し、人々に注意をうながしました。

村対抗の運動会へ行った夫

10月に開催される、村の運動会に参加予定だった夫。

KEIKOさんは以前大ケガをしたことがあり、冷えると身体が痛むため、その日は夫だけ送り出したそうです。

その後、干しイモが好きな夫のために1時間ほどイモ堀りをして過ごしたKEIKOさん。自宅に戻り、早めの昼食の準備をしていると、1本の電話がかかってきました。

「夫が倒れた!早く来て!」

突然の連絡に混乱しつつ、KEIKOさんは着の身着のままで家を飛び出します。

現場に駆け付けたKEIKOさんの目に飛び込んできたのは、車の中でAED(自動体外式除細動器)の処置を受けている意識のない夫と、ドクターヘリでした。

経緯を聞くと、夫は運動会の綱引きの後に体調不良を起こしたため、自分の車で休んでいたとのこと。

そこへ偶然、夫と仲のいい元・レスキュー隊員が通りかかり、大丈夫かどうかを尋ねたそうです。

「妻に病院に連れて行ってもらうので大丈夫」と夫は答えたのですが、元・レスキュー隊員は危ないと判断。すぐに119番通報をしたため、救急車とドクターヘリが到着していたのでした。

元・レスキュー隊員の読み通り、夫はそのうち心肺停止状態に。車から救急車の中に移されてからも、救急隊員たちによる蘇生処置は続けられました。

その後、ドクターヘリで高度救命救急センターまで運ばれ、夫の心臓は一時的に回復。

しかし、後日脳死状態になり、KEIKOさんに見守られながら息を引き取りました。

「寒い時期に潜む危険」と「田舎に住むリスク」

出典
Farmer's KEIKO オフィシャルブログ

Share Tweet LINE コメント

page
top