grape [グレイプ]

古川登志夫の代表作は『ガンダム』か『ピッコロ』か!? 千葉繁と『あの作品』で共演!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

古川登志夫

声優として活躍している古川登志夫(ふるかわとしお)さん。高い演技力と仕事に対する高い熱意で、男女問わず多くの人から支持されています。

そんな古川登志夫さんの出演作や演技に対する姿勢、これからの活躍といったさまざまな情報をご紹介します!

古川登志夫の出演作

古川登志夫さんは、栃木県に生まれます。劇団日本児童に入り、実写の仕事でキャリアをスタートさせました。ドラマ『新・平家物語』(NHK)の鹿七役や、『あしたこそ』(NHK)の布団屋として出演しています。

声優としてのデビュー作はアニメ『マグネロボ ガ・キーン』です。主人公・北条猛役を演じました。同作はグッズも販売されています。

古川登志夫さんの役として知られているのは、アニメ『機動戦士ガンダム(以下、ガンダム)』のカイ・シデン役でしょう。カイ・シデンは戦闘メカ『ガンキャノン』のパイロットとして戦っていくことになります。

『ガンダム』シリーズは素晴らしい高評価を得て、次々と作品が製作されました。カイ・シデンは『機動戦士Zガンダム』や『機動戦士ガンダムTHE ORIGIN』、『機動戦士ガンダム UC(ユニコーン)』といった作品に登場しています。

アニメ『銀魂』では、カイ・シデンをもじった記者として出演し、視聴者の笑いを誘っていました。

ピッコロ、そしてエースとなる

アニメ『ドラゴンボール』シリーズにおいて、古川登志夫さんはピッコロにキャスティングされています。

ピッコロはナメック星人で、当初主人公たちと敵対していましたが、続編では孫悟飯の師となり厳しくも優しく指導しました。

ツイッター上では、孫悟飯役の野沢雅子さんから次のようなことをいわれたと古川登志夫さんは投稿しています。

『ドラゴンボール』シリーズの原作は週刊少年ジャンプの連載漫画でした。同じ雑誌の作品でアニメ化された『ONE PIECE』で、古川登志夫さんはポートガス・D・エース役にキャスティングされています。

エースは主人公・ルフィの義兄で、大海賊・ゴール・D・ロジャーの息子として生まれました。作中でも重要なポジションであり、人気も高いキャラクターです。古川登志夫さんも思い入れがあり、自身の愛犬に『エース』と名付けました。

『古川登志夫』の出演作品を探す

古川登志夫『ポプテピピック』で千葉繁と共演

アニメ『うる星やつら』の諸星あたる役は古川登志夫さんの当たり役で、声優の千葉繁さんと共演した作品でした。女の子が好きで能天気な性格の諸星あたるは、古川登志夫さんの演技でコミカルで魅力的なキャラとなっています。

コミカルな演技からか、古川登志夫さんはアニメ『ルパン三世 風魔一族の陰謀』でルパン三世に起用されました。1度きりとなりましたが、古川登志夫さんは「ルパンを演れたことを誇りにしている」と述べています。

また、アニメ『機動警察パトレイバー』では篠原遊馬役となり、現代的でドライながら実は情に厚いキャラクターを演じました。千葉繁さんは同作でシバシゲオ役を務めています。

『北斗の拳』では、古川登志夫さんはシンを演じました。前半の山場となるキャラクターで、愛に生きたキャラ性で高い人気があります。『北斗の拳』において千葉繁さんの次回予告における熱演はファンの間で語り継がれました。

共演経験の多さから、古川登志夫さんと千葉繁さんはアニメ『ポプテピピック』でそれぞれポプ子とピピ美を演じています。

『ポプテピピック』は、前半後半で同じ映像を流し、違う声優が演じるという趣向が話題になりました。この方法に古川登志夫さんは、自身のツイッターで次のように述べています。

放映前、何も知らなかった古川登志夫さん

キャスティングされたことに気が付く

演じた後に

古川登志夫の現在・これから

古川登志夫さんは、2018年に開始され翌年6月に終了したアニメ『からくりサーカス』で、フェイスレス役を務めています。

また、2019年放映中の『ゲゲゲの鬼太郎』ではねずみ男を演じています。ディズニーデラックスでオンエアされたアニメ『三人の騎士の伝説』ではパンチート役を務めました。

古川登志夫さんは、声優として日本のアニメ史に大きな足跡を残しました。これからも演技者として、また指導者としても素晴らしい業績を積み上げていくことでしょう。古川登志夫さんのこれからに期待が集まっています。

古川登志夫 プロフィール

本名:古川利夫
生年月日:1946年7月16日
出身地:栃木県栃木市大平町伯仲
血液型:B型
身長:164㎝
所属事務所:青二プロダクション

栃木県出身。劇団日本児童に入団後、日本大学芸術学部演劇学科に入学する。劇団青杜の主宰。俳優としてデビュー後、アニメ『マグネロボ ガ☆キーン』で主役を演じた。代表作としては『ガンダム』のカイ・シデン役、『ドラゴンボール』のピッコロ役などが挙げられる。妻は同じ声優の柿沼紫乃。

古川登志夫 主な出演アニメ作品

・『ONE PIECE』エース 役
・『Dr.スランプアラレちゃん』空豆タロウ 役
・『Theかぼちゃワイン』青葉春助 役
・『xxxHOLiC』親狐 役
・『ウォーターシップダウンのうさぎたち』ヘイゼル 役
・『うる星やつら』諸星あたる 役
・『エアマスター』佐伯四郎 役
・『ゲゲゲの鬼太郎』蒼坊主 役
・『チッチとサリー』サリー 役
・『ドラゴンボール シリーズ』ピッコロ 役
・『フォーチュンクエスト』トラップ 役
・『マグネロボ ガ・キーン』北条猛 役
・『メトロポリス』スカンク 役
・『レンズマン』キムボール 役
・『悪魔くん』メフィスト2世 役
・『仮面の忍者 赤影』赤影 役
・『火の鳥・鳳凰編』茜丸 役
・『機神兵団』勝呂義光 役
・『機動警察パトレイバー』篠原遊馬 役
・『銀色のオリンシス』ブライアン 役
・『蒼き伝説シュート』久保嘉晴 役
・『鉄子の旅』編集長:江上英樹 役
・『北斗の拳』シン 役
・『磨子』四方田犬丸 役
・『未来ロボ ダルタニアス』楯剣人 役
・『ポプテピピック』ポプ子 役
・『名探偵コナン』山村刑事 役

古川登志夫 主な出演ゲーム作品

・『Mr.ドリラー』ホリ・アタル 役
・『キン肉マン』キン肉マンスグル 役
・『ザ・ファイヤーメン2』ダニエル 役
・『シャイニング・フォース イクサ』アダム/ボルネ 役
・『デッド・オア・アライヴ』ジャン・リー 役
・『ビンゴパレード』進行役 役
・『みんなのゴルフ』ナレーター 役
・『みんなのテニス』カイト 役
・『メタルギアソリッド 』ロイ・キャンベル 役
・『ワンピース』シリーズ エース 役
・『機動警察パトレイバー』篠原遊馬 役
・『決戦Ⅱ(KOEI)』鳳統 役
・『高校野球育成 栄冠は君に』実況アナ 役
・『男塾』宗嶺厳 役
・『桃太郎道中記』いぬやま 役
・『冒険王ビィト』ライオ/フラウスキー 役
・『北斗の拳』シリーズ シン 役
・『魁!!男塾 ~日本よ、これが男である!~』蝙翔鬼 役
・『ガールフレンド(仮)』悪天象儀男 役

古川登志夫 主な吹き替え出演作品

・『ANTZ』
・『Dr.刑事クインシー』
・『アイス・ストーム』
・『アナライズ・ミー』
・『インディペンデンス・ディ』
・『コンペティション』
・『シティ・スリッカーズ』
・『ジョーズ』
・『スピード』
・『デーヴ』
・『バットマン フォーエヴァー』
・『フェーム』
・『大草原の小さな家』
・『白バイ野郎ジョン&パンチ』
・『白バイ野郎パンチ&ボビー』
・『彼と彼女の第2章』

『古川登志夫』の出演作品を探す


[文・構成/grape編集部]

出典
青二プロダクションTOSHIO'sHOME@TOSHIO_FURUKAWA機動戦士ガンダムUC episode 5 プロモーション映像(ロングバージョン)エースにこんなセリフを言わせたあなたはすごい!-トピオの麦わらステーション-第3回後半-TVアニメ『からくりサーカス』第12幕「「顔無し」司令」予告

Share Tweet LINE コメント

page
top