grape [グレイプ]

サモア戦での日本人の行動に称賛の声 世界19か国に『日本のおもてなし』を…

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2019年9月20日に開幕した『ラグビーワールドカップ2019(以下、ラグビーW杯)』。

同年10月5日に開催された日本 vs サモアの一戦で、日本人の行動に称賛の声が寄せられています。

試合前に行う両国の国歌斉唱。サモアチームのユニフォームを着た日本人は…。

日本人が紙を見ながら一生懸命にサモアの国歌を歌う様子が動画に映されています。コメント欄には「日本のおもてなしは素晴らしい」「他国の国歌を歌ってくれるなんて!」などの声が上がっていました。

さらに、元日本代表でキャプテンを務めた廣瀬俊朗さんは、この動画に「これがおもてなしやね」とコメントしました。

実は、廣瀬さんは世界19か国から来るラグビー選手やファンを国歌やラグビーアンセムを歌っておもてなしする『Scrum Unison』のプロジェクトのメンバー。

プロジェクトでは、『日本のおもてなし』としてこのように呼びかけています。

2019年は世界中からたくさんの外国人がこの日本にやってきます。
どうすれば日本らしく歓迎することができるのか、、、
「あ、その人たちの国歌をうたおう!」と思いつきました。
だって異国の地で「君が代」を歌ってくれたらうれしいですよね。
と、いうわけで、いろんな国の人たちと、
日本中のあちこちで、肩を組んで国歌斉唱するプロジェクトを(勝手に!)はじめます。
新しい時代がはじまるこの年に、新しい文化もはじまりますように。
私たちは、「スクラムユニゾン」です。
さぁ、みんなで一緒に肩組んでうたいませんか。

Scrum Unison|スクラムユニゾン ーより引用

ラグビーW杯のウェブサイトでも、各国の国歌やラグビーアンセムの歌詞、国歌を歌う動画を見ることができます。

試合が始まる前から、相手国を敬い思いやるラグビーの精神に心が温まりますね!


[文・構成/grape編集部]

出典
Scrum Unison | スクラムユニゾン【公式】ラグビーワールドカップ2019日本大会@_sssandy@toshiaki1017

Share Tweet LINE コメント

page
top