grape [グレイプ]

「試合後見て泣かされた」ラグビーW杯 レイザーラモンRGの投稿が、注目されたワケ

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2019年10月20日に行われた、『ラグビーワールドカップ2019(以下、ラグビーW杯)』の準々決勝。

同試合は、日本代表にとってベスト4をかけた一戦でしたが、南アフリカに3対26で敗れ、結果はベスト8に終わりました。

ラグビー日本代表の頑張りに、多くの有名人が反応

今大会で、日本代表がチーム力の強さで快進撃を続ける姿は話題となり、日本中が盛り上がっています。

日本代表の健闘に対し、多くの芸能人がさまざまなコメントを寄せました。

米津玄師「大きな流れがまた次に続きますように」

同年7月期に放送されたテレビドラマ『ノーサイド・ゲーム』(TBS系)の主題歌を務めた、シンガーソングライターの米津玄師さんも、その1人。

Twitterで日本代表の健闘をたたえ、「大きな流れが次の世代に続きますように」と願いました。

レイザーラモンRG「リーチマイケルキャプテンあるある」

日本代表のキャプテンを務めたリーチマイケル選手のモノマネをしている、お笑いタレントのレイザーラモンRGさん。ラグビーW杯期間中に、得意の『あるある芸』にちなんだ投稿をしています。

レーザーラモンRGさんは、20日の試合終了後、リーチマイケル選手とのエピソードを明かすツイートを投稿。

リーチマイケルキャプテンあるある

4年前軽い気持ちでモノマネ始めた芸人に 自分のユニフォームを送り

網走の激しい激しい練習の後に 初めて挨拶しにきたその芸人を温かく迎えてくれて

日本中にラグビーを広めて ラグビーで日本をONE TEAMにしがち

リーチマイケル選手の温かい人柄がうかがえる投稿はネット上で反響を呼び、ファンからは「なんて素敵な絆!」「試合後も泣けなかったのに、この投稿で涙が出た」といった声が相次ぎました。

武井壮「日本ラグビーの火は絶対に消さねえぞ」

元陸上競技選手であり、タレントの武井壮さんもTwitterを更新。

武井さんは、日本代表の戦術を見事に攻略した南アフリカ代表を心から称賛した上で、「ベスト8の先にまだまだ広い世界が広がっている」と、日本代表を鼓舞しました。

日本代表の見せた、ラガーマンとしての活躍ぶりに、多くの人が心を揺さぶられたようです。


[文・構成/grape編集部]

出典
産経ニュース@rgizubuchi@sosotakei@hachi_08

Share Tweet LINE コメント

page
top