grape [グレイプ]

結婚で『本名』が報じられた壇蜜 名前に「読めない」「かっこいい」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2019年11月22日の『いい夫婦の日』に、人気漫画家の清野とおる(せいのとおる)さんとの結婚を発表した壇蜜さん。

ファンからは「お似合いの夫婦」「おめでとうございます」と、祝福する声が相次いでいます。

そんな中、結婚と同じくらい注目を集めているのが、壇蜜さんの本名。

一部スポーツ紙が報じたことで話題になっている壇蜜さんの本名が、コチラです。

『齋藤』は読めるものの、『支靜加』の読み方がすぐに分かった人は少ないはず。

壇蜜さんの本名は話題を呼び、「読めなかった」「名前すらもかっこいい」と大きな反響を呼んでいます。

・壇蜜さんの知的なイメージにぴったりです。

・芸名みたいな本名だな。

・なぜこの漢字にしたのかも気になる。

今でこそ『壇蜜』の名前で知られる壇蜜さんですが、デビュー当初は芸名ではなく本名で活動していました。

ではなぜ『壇蜜』という芸名をつけたのでしょうか。その理由を、自身がパーソナリティを務めるラジオ番組『壇蜜の耳蜜』(文化放送)でこのように明かしています。

仏教用語からとったものでして、諸説あるんですけれども…。

壇蜜の『壇』は儀式を行う場所という意味での壇で、『蜜』は神々の飲み物が甘露というところから、甘露は蜜の味という意味がありますので、壇蜜とつけさせていただきました。

壇蜜の耳蜜 ーより引用

ちなみに、あまり見慣れない漢字である『靜』は、『静』の旧字体。意味は、「雑音や動きがなく、しずまりかえった様子」です。

しっとりとした落ち着いた色気で知的さも感じさせる壇蜜さん。「名は体を表す」とは、まさにこのことですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
壇蜜の耳蜜

Share Tweet LINE コメント

page
top