grape [グレイプ]

「福袋が余ってる」 シルバニアで再現された『正月のあるある』に、吹き出す

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

年明けは、デパートや家電量販店など多くの店で『新春セール』が行われています。

店頭で売られている『福袋』は、思わぬ掘り出し物に当たる場合もあり、「毎年つい買ってしまう」という人もいるのではないでしょうか。

余り物には、福がある?

子供に人気の動物の人形『シルバニア』を使い、ブラックな写真や動画を公開しているシルバニア大使(@sylvanianwriter)さんは、『福袋のあるある』をシルバニアで再現。Twitterに投稿しました。

何が入っているか分からないからこそ、開ける時のドキドキが楽しい福袋。

ウサギさんは、1つだけ残る福袋を見て「余り物には福があるかも…」と思い、購入したのでしょう。

しかし、開けてみると店で買った服とかぶっていてがっかり。新年早々、損をした気分になってしまいますね。

投稿を見た人たちからも、共感の声が寄せられました。

【ネットの声】

・今日の私のことかと思いました。

・「福袋 開けてびっくり 鬱袋」ですね。

・今年初の大笑いをしました。

シルバニアのかわいらしい世界観で再現された『失敗』に、多くの人が吹き出したことでしょう。


[文・構成/grape編集部]

出典
@sylvanianwriter

Share Tweet LINE コメント

page
top