grape [グレイプ]

ドラッグストアで見つけたトイレットペーパー 「最高!」の声が続出した理由とは

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2020年1月に発生し、世界各国で猛威をふるっている新型コロナウイルス感染症。

「トイレットペーパーなどの紙類は中国で製造されているから、品薄になる」というデマが流れたこともあり、全国の店舗から紙類の品物が買い占められてしまいました。

品薄状態が続いているものの、漫画家のノブヨシ侍(@iroironaiyo)さんは、少し変わったトイレットペーパーを発見。Twitterに投稿しました。

そのトイレットペーパーを見つけると投稿者さんは、「あやうく肩に担いで帰るところだった」といいます。

ですが、トイレットペーパーを肩に担いで持って帰る人はなかなか見かけません。

それでも、投稿者さんのコメントに共感する声が多数寄せられたのです。なぜなら…。

ラジカセ風トイレットペーパー!

これは肩に担ぎたくなるのも分かります。

※写真はイメージ

実はこのラジカセ風トイレットペーパーは、株式会社マツモトキヨシホールディングスのプライベートブランド『matsukiyo』の商品の1つ。

2018年にはパッケージデザイン賞など、数々の賞を受賞したといいます。

・肩に担ぐ以外の正解はないでしょう!昭和感嫌いじゃないよ。

・これを担ぎながらスマホで音楽を流しましょう…。

・最高のセンス!今の若い子には伝わらないかもしれないけどこういうの好き!

なお投稿者さんは、自転車だったため肩に担いで持って帰るのは断念したとのこと。

トイレットペーパーの品ぞろえが落ち着いた頃、もし店頭で見つけたら肩に担いで『ラッパー風』を楽しんでみるのもいいかもしれませんね!


[文・構成/grape編集部]

出典
@iroironaiyoマツモトキヨシホールディングス

Share Tweet LINE コメント

page
top