grape [グレイプ]

国境封鎖で、日本人が足止め 協力申し出た台湾に「この恩は一生忘れない」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2020年3月末時点、収束する気配が見えずにいる、新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)。海外では感染の拡大を防ぐため、国民の渡航を制限しているほか、国境を封鎖する国も出ています。

南米のペルーでも同月17日からコロナウイルスの対策として国境が封鎖され、日本人旅行者ら約260人が現地で足止めされる事態に。

しかし28日、在ペルー台湾代表部が手配したチャーター便により、足止めされていた260人のうち29人が出国できたことを、産経新聞が報じています。

 南米ペルー政府が新型コロナウイルス対策で国境を閉鎖したために日本人旅行者ら約260人が足止めされた問題で、うち29人が28日、在ペルー台湾代表部が手配したチャーター便に同乗し、出国した。在ペルー日本大使館が明らかにした。

産経新聞 ーより引用

また翌29日には、日本大使館が支援し、現地旅行代理店が手配したチャーター便も日本人約120人を乗せてペルーを出国しています。

日本の対台湾窓口機関である『日本台湾交流協会』は、今回の一件での台湾の協力に対し、Facebookを通じて感謝のコメントを送っています。

なお、台湾が手配したチャーター機には、日本人のほか、シンガポールやアメリカなどの外国人84人が搭乗したとのこと。

緊急時に協力を申し出た台湾の行いはネット上で話題を呼び、日本国内からは感謝の声が相次いで寄せられています。

・台湾と日本の友好は永遠に消えません。

・台湾のみなさん、ありがとうございます。

・この恩は、一生忘れません。

台湾は2011年の東日本大震災や2016年の熊本地震、2018年の平成30年7月豪雨などで多額の義援金を送ってくれました。

日本が困難な状況に立たされた時、いつも救いの手を差し伸べてくれる台湾。今回もまた、台湾の協力により多くの日本人が救われています。

台湾のみなさんに、心より感謝申し上げます。


[文・構成/grape編集部]

出典
日本台灣交流協會産経新聞

Share Tweet LINE コメント

page
top