grape [グレイプ]

感染拡大の中、荷物を届けた配達員 利用客からの仕打ちに言葉を失う

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

「私の家族はバイキンじゃない」

そんな一文とともに実録漫画をTwitterに投稿したのは、漫画家の渋谷さえら(@voxxx)さん。

渋谷さんの夫は物流関係の仕事をしているため、新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)が感染拡大している2020年4月現在も不特定多数の人と顔を合わせています。

そんな中、夫は利用客から時に信じられないような扱いを受けるのだとか。

配達員への酷い仕打ち

荷物を届けに行くと、利用客からバイキンのように扱われることもあるという、渋谷さんの夫。

感染すると命に関わる可能性もあるため、警戒してしまう気持ちは分かります。ですが、汚いものに近付くような扱いを受けて、気分のいい人はいないでしょう。

夫について、渋谷さんは「毎日のように、夫がしょんぼりとした様子で帰ってくるのを見るのがつらい」といいます。

渋谷さんの漫画は拡散され、いろいろなコメントが寄せられました。

・これは酷い…。自分の頼んだ荷物を運んでくれる方に、こんな仕打ちはできませんよ…。

・不特定多数と顔を合わせる配達員さんのほうが怖いでしょうに。本当にお疲れ様です。

・本来は感謝すべきなのに、こんなのおかしいよ。外出しなくて済むのは配達員のおかげです。

クロネコヤマトの場合、コロナウイルス感染拡大を受け、非対面での荷物の受け取りを行っています。

インターホン越しに置く場所を伝えると、荷物を受け取る際に対面する必要がないため、利用客と配達員のリスクが軽減されることでしょう。

現状に不安を感じているのは全員同じはず。配達員は危険を伴う中、利用客のために荷物を届けてくれているのです。

漫画を読んで、多くの人が「感謝の気持ちを忘れずにいたい」と再確認させられました。


[文・構成/grape編集部]

出典
@voxxx

Share Tweet LINE コメント

page
top