grape [グレイプ] entertainment

加藤浩次の『感染リスクを下げる買い物方法』が、分かりやすいと話題に!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2020年4月現在、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、政府は緊急事態宣言を発令。

不要不急の外出自粛と、人との接触を8割減らすよう、呼びかけています。

加藤浩次の感染を防ぐ買い物方法の解説に、称賛の声!

同月22日、情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)では、人との接触を8割削減するため、気をつけるべき点を特集。

2m以内での会話や、不特定多数の人が触ったものに触れないよう、注意を促しました。

さらに、日本感染症学会の専門医である佐藤昭裕さんは、「万が一不特定多数の人が触ったものに触れた後は、顔などに触れず、すぐに手を洗うことが重要」だといいます。

佐藤さんの発言を聞いた、MCの加藤浩次さんは、買い物時の接触について言及。「スーパーに行くことで、接触を8割減にできないと考える人もいるのでは…」と前置きし、次のようにコメントしました。

生活のためにスーパーにはいかなくてはいけない。じゃあ、ちゃんとマスクをして、顔などを触らずずーっとそのまま外出て、例えば野菜などなんでもいいです、買う時にいろいろ見て触るというのも、ほかの方(買い物客)に申し訳ない。

自分が何を買うか決めて、ちゃんとその目的のものだけ買って、レジに行って、それでお金を払って、自転車でも徒歩でもいいですけど(自宅まで)移動して、まったく顔などを触らずにそのまま帰って、家でしっかりその手などを洗うっていうことが、一番感染を防いだりできるいうことでよろしいですか。

スッキリ ーより引用

買うものを事前に決めて外出し、購入するものだけに触れ、自宅に帰るまで顔付近を触らないようにすれば感染を防げると、私見を述べた加藤さん。

佐藤さんも「その通りです」と納得した上で、スーパーの入り口にあるアルコール消毒を行きと帰りに使用し、手指の衛生を保つことを勧めました。

加藤さんの的確な買い物時の感染対策に、称賛の声が上がっています。

・やっぱり加藤さんの説明はうまい。すごく納得した。

・スーパーで野菜を持って吟味するのは、よくないですよね。

・どうしても買い物に行く時は、顔付近を触らないように気を付けます。

日々の買い出しでも、感染しない、させない対策を意識して行うのが大切だといえますね。


[文・構成/grape編集部]

出典
スッキリ

Share Tweet LINE コメント

page
top