grape [グレイプ]

『リンガーハット』にちゃんぽんを食べに行ったら… テーブル右側に置かれたものに驚愕

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

新型コロナウイルス感染症のまん延により、外出を自粛する人が増える中、苦境に立たされている飲食業界。

休業やテイクアウトへの切り替え、店内の換気のほか仕切りの設置など、店によってさまざまな対応をしています。

一方で、予定していた飲食店への供給がなくなった農家にも打撃が。食べられる食品を廃棄する『フードロス』の危機があちこちで起こり、助けを求める声が上がっています。

『リンガーハット』の姿勢が分かる対策

ある日、あるぴの(@Alpino305)さんが長崎ちゃんぽん専門店『リンガーハット』に食事に行った時のこと。

ただ食事をして帰るだけのつもりが、重たいビニール袋を渡されます。その中に入っていたのは…。

お客様へ

いつもリンガーハットをご利用いただきまして
誠にありがとうございます。
日ごろのご愛顧への感謝とキャベツ生産農家の
みなさまへのエールを込めて
リンガーハットで使用している国産丸キャベツを
プレゼントいたします。
今後ともリンガーハットをよろしくお願い申し上げます。

なんと、キャベツを丸ごとプレゼントされたのです!

料理に使用するすべての野菜を国産にしている『リンガーハット』。あるぴのさんが訪れた店舗では、生産農家を守り、かつ食品ロスをなくすため、訪れた客にキャベツを配っていました。

同様の出来事の報告はネット上に複数投稿され、多くの人を驚かせました。

・粋だねえ。いい取り組みだと思います。

・捨てるより、誰かに食べてもらえたほうがいいですよね!

・キャベツはいろんな料理に使えるから重宝する。

・こんなプレゼントをもらったら、終息後は恩返しのため、またちゃんぽんを食べに行かないとな!

自炊している人にとっては、食材をもらえるのは家計的に大助かり。キャベツが1玉あれば、何品か作れるでしょう。

多くの人が幸せになる対策に、笑顔がこぼれますね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@Alpino305

Share Tweet LINE コメント

page
top