grape [グレイプ] entertainment

前澤友作の『ひとり親支援』に悪事を働く人も… ネットで「許せない」の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2020年5月10日に、実業家の前澤友作さんが『前澤ひとり親応援基金』という名の基金を創設。

経済的に苦しむシングルファーザーやシングルマザーを救う取り組みの第1弾として、10万円を抽選で1万人に対し配布することを発表しました。

募集に対し、Twitterでは44万件を超える応募が殺到。同月18日に、多数の応募者から、ランダム方式で選ばれた1万人に、前澤さんは10万円の入金を開始しています。

ネットで「当選しました!」「本当に助かります、ありがとうございます」といった喜びのコメントが寄せられる中、前澤さんはTwitterを更新。

「残念なことにひとり親を偽装して10万円を受け取ろうとしている人がいる」という状況を明かしました。

「善意の企画なので、悪いことはやめましょう」とつづる投稿に対し、さまざまな反響が寄せられています。

【ネットの声】

・信じられない。そんな人のために、自分たちひとり親が落選したのかと思うと悲しくてやるせない。

・こういう悪事を働く人が出てきそうと思っていたら、案の定ですね。許せません。

・しっかり、ひとり親かどうか確認してくれていることに感謝します。

・前澤さんには感謝しかありません。本当に困っている人に届きますように…。

新型コロナウイルス感染症の影響で、普段通りの生活が立ちゆかず、経済的にひっ迫している家庭は数多く存在します。

シングルファーザーやシングルマザーとして、1人で子供を育てる親の中には、前澤さんの企画が唯一の希望とみなしている人もいたでしょう。

「困っている人の力になりたい」と願い、行動に移した前澤さんの善意はもちろん、真剣な理由で企画に参加した人々の想いを踏みにじる行為といえます。

本当に必要としている人のもとへ届いてほしいと願わずにはいられませんね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@yousuck2020

Share Tweet LINE コメント

page
top