grape [グレイプ]

ベッドで泣いていた息子 母親がふと『敷きパッド』を見ると…?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

幼い子供が、2〜3歳にかけて迎えるとされる『イヤイヤ期』。

自己主張が強くなるため、食事や着替えなどを嫌がったり、大声を出して動き回ったりと、多くの親が苦労する時期でしょう。

イヤイヤ期の息子が残した『あるモノ』

イヤイヤ期を迎えた3歳の息子さんを育てるポン太(@AgasUrTLDeELFPJ)さんは、ベッドで泣いた息子さんが敷きパッドに残したあるものを撮影し、Twitterに投稿しました。

その写真が、こちら!

息子さんの涙で濡れたベッドの敷きパッドが、ウサギのキャラクター『ミッフィー』の顔のようになっていたのです!

丸く濡れた部分が目、線状に濡れた部分が口のように見えますね。

これを発見した投稿者さんは、「左右の目の涙が『目』に、鼻水か唾液が『口』のように付いたのかもしれない」とつづっています。

息子さんの涙が生み出した奇跡の模様に、多くの人が驚きの声を上げました。

・すごく素敵な『涙のアート』!

・たまたまにしてはすごすぎます!

・かわいい!泣いた跡まで愛おしく感じますね。

中には、「クマのキャラクター『リラックマ』のようにも見える」といったコメントも寄せられています。

「息子の『イヤイヤ』がとてもかわいい跡で残った」と喜んだ投稿者さん。

息子さんの涙の跡は、投稿者さんだけでなく、多くの人の心を和ませました!


[文・構成/grape編集部]

出典
@AgasUrTLDeELFPJ

Share Tweet LINE コメント

page
top