grape [グレイプ] society

感染対策で先陣を切ったテレビ東京に、称賛の声 「他も続いてほしい」「素晴らしい!」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2021年1月になっても、新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)の感染拡大はとどまることを知りません。

日本では第3波を受け、政府が感染者の多い地域を対象に緊急事態宣言を発令。感染リスクが高いとされている会食や密室での会合を避けるよう呼びかけています。

そんな現状で、今や生活必需品と化しているマスク。少しでも飛沫感染を防ぐため、マスクの着用が必須となっている施設もあります。

緊急事態宣言を受け、テレビ東京が出演者のマスク着用を開始

同月18日に放送された報道番組『ワールドビジネスサテライト』(テレビ東京系)では、ニュースキャスターの2人がマスク姿で登場。

大江麻理子アナウンサーは、視聴者に向かってこのように説明をしました。

WBS(ワールドビジネスサテライト)では、今日からスタジオ内でトークをする場合にはお互いにマスクを着用することにしました。

これまでも出演者同士ですとか、またスタッフとの間の距離というのは十分にとりまして、特にスタッフにはマスクとフェイスシールドをしてもらうという、対策をとってきたのですが、緊急事態宣言を受けまして、より一層感染対策を強化することが必要だと考えての決断です。

ワールドビジネスサテライト ーより引用

マスクを着けると顔の半分が見えなくなってしまうため、ほとんどのテレビ番組では透明なフェイスシールドやマウスガードが使用されています。

しかし、これらは口元をしっかりと覆っているわけではないため、感染防止の効果は低いと指摘されていました。

そんな中、テレビ東京は出演者のマスク着用をいち早く決断。番組の見栄えよりも、出演者やスタッフの身を案じる心遣いを感じます。

番組放送後、ネットでは「テレビ東京が先陣を切った」とまたたく間に話題に。称賛する声が上がっています。

・ほかの番組もリモート収録かマスク必須にしたほうがいいと思う。出演者を守ってほしい。

・顔が見えづらくなるのは少し悲しいけど、こればっかりは仕方がない。

・マスクを着けていても声が聴きとりやすくて、さすがはプロのアナウンサーだと思った。

また同番組は、現場から中継するフィールドキャスターも、スタッフからできる限り距離を置くなどの工夫をしているとのこと。

関係者内で感染が拡大した場合、番組が放送できなくなる可能性もあるでしょう。また、出演者やスタッフにも大切な家族がいるはずです。

時代に合わせて、ほかの番組も少しずつ変わっていくといいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
ワールドビジネスサテライト

Share Tweet LINE コメント

page
top