grape [グレイプ] trend

天然石で作られた『寿司』 美大生の卒業制作に「すごすぎる」「実物を見たい」の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

美術大学に通う、はま(@ha_ma_73)さんは、食品ロスをテーマにした卒業制作をTwitterに投稿し、反響が上がっています。

はまさんが作ったのは、いろいろな種類の『寿司』。

ツヤツヤとした新鮮なネタはどれもおいしそうですね。

実はこちらの寿司は、すべて天然石を削って作られているのです。しかも、着色は一切していないのだとか!

自然の色合いを使って作られているとは思えない、リアルな質感に驚いてしまいますね。

寿司の細かい柄や血合い部分などは、石を粉にして固めたり、石の粉を調合して色を出したりしているとのこと。

またよく見ると、寿司の中に鼻や口など、人体が混じっています…。

はまさんは、人体を作品に入れた意図について、「捨てられる食べ物も元は命がある存在。人体をシャリの上に乗せることで、捨てる側も同じく食べられる存在になり変わるのではないか」という想いがあったとつづっていました。

投稿を見た人たちからは、称賛の声が相次ぎました。

・全部石でできているだなんて、すごい!!細部まで表現されていて、おいしそうです。

・永遠に消えないお寿司…。まさに夢のような光景ですね。

・実物も見に行きました!ツヤツヤの面が不思議な感じで味わい深かったです。

ちなみにこちらの作品は、東京都港区にある国立新美術館の『東京五美術大学連合卒業・修了制作展』にて、2021年2月27日まで展示されているそうです。

近くに寄った際は、足を運んでみてはいかがでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

出典
@ha_ma_73

Share Tweet LINE コメント

page
top