grape [グレイプ] trend

墓参りは2人以上で行くべき理由 僧侶の説明に「確かに」の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

毎年、8月中旬は全国的にお盆の時期です。里帰りをし、先祖の墓参りへ行く人も多いことでしょう。

僧侶の吉田武士(@curry_boz)さんは、墓参りへ行く人に向けて注意喚起をTwitterに投稿しています。

墓参りの注意点に「貴重な情報」の声

「墓参りは、できれば2人以上で行ってください」とつづる、吉田さん。1人で墓参りへ行くべきではない理由を、こう続けます。

熱中症で動けなくなると発見も遅れて危険です。

墓は日陰も少ないし、灼けた墓石、コンクリートで石窯オーブンです。

久しぶりの墓参り、張りきって掃除すると時間も忘れやすい。休憩、水分、同伴者、お忘れなく。

墓地は開けた場所にあり、日陰はほとんどありません。また、直射日光をあびた墓石が、より体感温度を上昇させます。

人も少ない墓地でもしも熱中症で倒れてしまった場合、同伴者がいないと発見が遅れ、命にかかわる危険性も。

吉田さんが警告する1人での墓参りの危険性に、多くの人から「確かに」「自分も熱中症になりかけた」とさまざまなコメントが寄せられました。

・私の地元では、墓参りは1人で行くなといわれています。墓参りで怪我したら治らないといういい伝えがあります。多分そういうことなんでしょうね。

・怖い話かなと身構えたら、別の意味で本当に怖い話でした。

・郊外にある大規模な霊園だと、本当に人がいないので、危険ですね。

2020年に引き続き、新型コロナウイルス感染症の影響により、長期休暇中の県をまたいだ移動の自粛が求められています。

そのため、これまでは大人数での墓参りだった人も、今年は1人で行くしかないといったことも考えられるでしょう。

同伴者がいることが一番ですが、もしも難しい場合は、こまめに水分を補給し、なるべくなら暑さが弱まる早朝や夕方以降に墓参りへ行くなど、時間をずらすことも必要です。

大切な先祖の墓参りだからこそ、万が一のことがないよう、各々改めて注意したいものですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@curry_boz

Share Tweet LINE コメント

page
top