松岡修造さん、放送中にスイッチをオフ!放送事故かとおもいきや「小さな圭が…」

2016年9月8日に行われた、全米オープンの男子準々決勝。

錦織選手がアンディ・マレー選手を下し、ベスト4に進出しました!

24391_main1

ウインブルドンで優勝、オリンピックでは金メダル、現時点で最強と言われるマレー選手。錦織選手自身もこれまでの対戦成績は1勝7敗と苦手としている相手でした。

優勝候補筆頭と言われていたそのマレー選手にフルセットの上、勝利した錦織選手。その姿に人一倍感動し、涙を流していた方がいます。それは、もちろん松岡修造さんです!

TVの解説のため、現地を訪れていた松岡さん。強敵に対し、諦めずに挑戦し続ける錦織選手をみて、思わず幼いころの姿と重なったそう。

苦しいシーソーゲームが続く中、思わず「最後まで試合を見られない。結果だけ教えてほしい」とまで呟きだした松岡さん。そしてついに迎えた錦織選手のマッチポイント、松岡さんはついに解説ブースの音を切ってしまいます。

WOWOWでこの試合を解説させてもらったが、センターコートで最後まで諦めずに自分と戦っている姿を見ていて、最後のゲームはジュニアの頃のあの小さな圭の姿と重なって涙が止まらなかった。

マッチポイントは音を消し、解説ブースで泣き崩れてしまいました。

修造コラム ーより引用

溢れる涙を抑えることが出来なかった松岡さん。幼いころから、見続けてきたからこそ感情が流れだしてしまったのでしょうね。

周囲が歓喜に湧く中、一人冷静だった錦織選手。その姿も松岡さんはしっかりと捉えていました。

とにかくすごいのは、僕らは優勝したかのような歓喜に沸く中、圭自身は話していてもすごく落ち着いていた。疲れていたのもあるが、「次がある」という雰囲気だった。

勝った時も抑え気味のガッツポーズ、(コーチのマイケルは100倍ガッツポーズ)誰よりも冷静に次の準決勝を見据えている。

修造コラム ーより引用

準決勝の相手は世界ランク3位のスタン・ワウリンカ選手。9日に行われる準決勝が楽しみで仕方ありません!頑張れ、錦織選手!

出典
修造コラム

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop