grape [グレイプ]

「アスリートである前に黒人女性」 大坂なおみ、準決勝の試合を前日に棄権

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

日本時間2020年8月27日、女子プロテニスの大坂なおみ選手は、アメリカで予定されていた『ウエスタン・アンド・サザン・オープン』の準決勝を棄権することを発表。

きっかけは、アメリカのウィスコンシン州で警察官が黒人男性を複数回銃撃する事件でした。

路上で車に乗り込もうとした男性は、背後から警察官に複数回撃たれ重体。その後、容態は安定しましたが抗議が殺到しています。

同年5月には、黒人男性が警察官にヒザで首を地面に押し付けられ、呼吸が困難となり死亡。

その際にも、大坂選手はTwitterで声を上げていました。

大坂なおみ「アスリートである前に、黒人女性」

大坂選手は、自身のTwitterに英語と日本語で声明を発表。

アスリートである前に黒人女性として、プレーよりも注目すべきものがあると呼びかけました。

こんにちは、皆さんの多くが知っているように、私は明日の準決勝の試合をする予定でした。

しかし、私はアスリートになる前は黒人女性です。

また、黒人女性としては、テニスをしているのを見るよりも、すぐに気をつけなければならない重要な事柄があるように感じます。私が、プレーしていないときに何かが起こるとは思いませんが、大多数の白人スポーツの中で会話を始めることができれば、正しい方向への一歩だと思います。

警察の手で黒人の虐殺が続いているのを見守る。言うまでもないことですが、黒人に起こった権利剥奪、全身性人種差別、その他の数え切れないほどの怪物は私の胃を病気にさせます。数日おきに、新しいハッシュタグが表示されるのに疲れて、何度も何度も同じ会話をするのに非常に疲れています。

いつ十分になるのでしょうか?

@naomiosaka ーより引用(原文ママ)

大坂選手は、「私がプレーしないことで何かが起こるとは思いませんが、白人が大多数のスポーツの中で会話を始めれば、正しい方向への一歩だと思います」と棄権する理由を説明。

そして、警察による黒人虐殺を強く非難しました。

投稿には、日本のみならず海外からもたくさんの反響が上がっています。

・これで何か状況が変わるといいですね。

・頑張ってください。応援しています。

・第一歩となることを祈っています。

3時間で14万人から『いいね』が寄せられた大坂選手の投稿。

さまざまな言語に翻訳され、その反響は大きいようです。大坂選手の行動は、人種差別を止める大きな一歩となることでしょう。


[文・構成/grape編集部]

出典
@naomiosaka

Share Tweet LINE コメント

page
top