grape [グレイプ]

動画 錦織テニス年間王者へ! 次戦でマレーが勝利すれば4強に

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2016年11月、ロンドンで開催されている男子テニス『ATPワールドツアー・ファイナルズ(以下ツアーファイナル)』

今シーズンを締めくくる大会として、年間成績の上位8人だけが参加し、テニス年間王者を決める大会となっています。

2014年には錦織選手の出場自体がアジア人初の快挙と話題になりました。その2年後の今年、錦織選手の出場はすでに話題にもならなくなり、名実ともに優勝候補の一人として出場しています。

現在世界ランク5位の錦織選手。14日に行われた初戦では全米オープンの覇者、世界ランク3位のワウリンカ選手を破り、最高のスタートを切りました。

そして17日深夜に行われた現在世界ランク1位アンディ・マリー選手との対戦。

この試合は、なんとツアーファイナル史上最長となる3時間20分にも及ぶ死闘に!

第1セットは錦織選手が7-6で獲得するも、続く2セットを4-6、4-6で奪われ惜敗となりました。

錦織選手はマレー選手との差について「テニスの差はそこまでなくなってきた。メンタル面や駆け引き、集中力の点でまだマレー選手が上なので、そこをもっと縮めれば、勝つチャンスはある」と語りました。

またマレー選手も錦織選手の事を「ストレート勝ちされる可能性もあった」と語るなど、強敵と感じている印象でした。

次の試合は世界ランク7位のチリッチ選手。錦織選手との対戦成績は7勝5敗ですが最近は負けが続いており、錦織選手が苦手とする選手の一人です。言うまでもなく出場選手全員がトップクラスの選手のため、苦戦が予想されます。

錦織選手まずはゆっくり体を休めて、日本時間19日の早朝におこなわれる戦いに備えてください。

また19日の錦織選手の前に行われるマレー選手vsワウリンカ選手の戦いで、マレー選手が勝利すれば錦織選手の準決勝進出が決定します。

テニス年間王者を目指して、頑張れ錦織選手!

出典
@TennisTV

Share Tweet LINE コメント

page
top