男子が、最中(さいちゅう)を『もなか』と読む 教師が秀逸な切り返し?

先生が読み間違えをうまくイジッて笑いに!

「さいちゅう・さなか」を「もなか」と読んでしまった男子生徒に対して、先生は…

クラスの男子「そんな『もなか』、男は…あれ、何がしたいんだコイツ?」

先生「男は何もしていない」

クラスの男子「何もしていない…」

そもそも、この男子生徒は「最中」を「さいちゅう・さなか」と読むことを知らないのでしょう。

先生が「男は何もしていない」と伝えても、ピンと来ている様子はありません。

そこで、先生はさらにこんなユーモアで男子生徒に気付きをうながします。

先生「餡を入れたのはお前だ」

クラスの男子「オレが餡を入れた…」

ますます混乱してしまいました!!!

先生としては「もなか」と読んで、この文脈に「餡を入れてしまったのは君だよ」と暗に伝えているのですが、男子生徒には全く伝わっていない様子。

確かに、ウィットに富んだツッコミではありますが、高校生にはちょっと難しかったかもしれません。

もちろん、この後、先生は男子生徒に読み方の間違いをきちんと指摘し、クラスは笑いに包まれたと言います。

ツッコミ上手な先生はほかにも!

このツイートに対し、「先生のツッコミがうまい!」と称賛の声が寄せられます。

ちなみに、この先生は「紅葉」と「高揚」の意味を取り違えた生徒に対し、こんなツッコミを入れたこともあったそうです。

「それは気が高ぶる方!」

こういった指摘がうまい先生に教えてもらうと、当人のみならず授業を受けている生徒は「最中の読み方が複数あること」や「『こうよう』に複数の漢字があること」などを忘れないはず。

もちろん、先生が生徒を大勢の前で辱めるような行為は許されませんが、雰囲気を含めて笑いに変えることができているなら、とても楽しい授業なのではないでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

出典
Twitter

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




おすすめ記事









検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop