grape [グレイプ] trend

「素敵な市長」「オチまで完璧」 熊本市長の成人の日ツイートが話題に!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

2022年1月10日は『成人の日』。

各地で成人式が行われ、新成人たちの新たな門出が祝われました。

同日、Twitterを更新したのは、熊本県熊本市の大西一史(おおにし・かずふみ)市長。

大西市長は、投稿内で新成人へ祝いの言葉を述べるとともに、熊本市出身のシンガーソングライター、樋口了一さんの『1/6の夢旅人 2002』を紹介し、「この曲のように前向きに全力で頑張って下さい!」とエールを送りました。

さらに、自身の成人式のエピソードを投稿したのですが、こちらが大きな話題になっています!

大西市長は、20歳当時を「浪人中、親に嘘ばかりついてドラム三昧。『せめて今年こそ何とか大学に受からねば』と、少し心を入れ替えていた時期」と振り返ります。

そんな中、母から『成人おめでとう。今年は頑張って』と電報が届いており「情けなくて泣いた」と回想しました。

そして、それから34年後の成人の日。

見事、熊本市の市長になっていた大西さんでしたが、年明け早々入浴中に転倒し、背骨の根っこにあたる『仙骨』を骨折してしまったとのこと。

大西市長は、「成人式に出られず、情けなくて泣いた」と、34年前と同じオチをつけたのでした。

こちらのエピソードは大きな反響を呼び、14万件以上の『いいね』が集まりました。

・熊本市の人、素敵な市長さんでうらやましい!

・ここまでTwitter向きなエピソードを持つ市長がいただろうか…。

・見事なオチで笑ってしまいました。市長、どうかお大事に…。

成人式は各地方自治体が主催のため、基本的には各市区町村長が新成人に祝辞やエールを送ります。

しかし、骨折のため成人式を欠席した大西市長は、「失敗を恐れず、希望ある未来を切り開いてほしい」とビデオにて新成人へメッセージを送ったとのことです。

お堅いイメージを持たれがちな市長の、人間味あふれる失敗エピソードを交えたメッセージは、きっと多くの若者たちに響いたことでしょう。


[文・構成/grape編集部]

出典
@K_Onishi

Share Tweet LINE コメント

page
top