grape [グレイプ] hobby

「気持ちが軽くなった」「ありがとう」 ウサギの『鬱の日』に、共感の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

誰にでも、気分が落ち込む日はあるでしょう。

気持ちがふさぎこんでいる時、自分のことを「ダメな人間だ」と感じることはありませんか。

なおにゃん(@naonyan_naonyan)さんが描いた漫画をご紹介します。

多くの共感の声が寄せられた漫画のタイトルは『鬱の日』。

気持ちがふさいでいるウサギの1日をご覧ください。

気持ちがふさぎ、起き上がることすらできないウサギ。

何もすることができず横たわっているうちに、日が暮れてしまいました。

夕方まで何もしなかったことに対して、ウサギは後悔の念が募り、さらに気持ちがふさいでしまうことに…。

この漫画には、「自分だけじゃなかったのか」という、安堵や共感の声が多く寄せられています。

・自分だけじゃなかったのか。「私、何してるんだろう」って落ち込んでいましたが、同じ人がいると知ることができて、気持ちが軽くなりました。

・「私だけじゃない」って思うと、安心できた。ありがとうございます。

・現在、休職中なのですが、毎日こんな感じです。自分のことをさらに責めてしまう。

・こういう1日を過ごしてしまう自分を責めていました。先生には「そういう自分を受け入れることが大事」とアドバイスをもらいましたよ。

疲れている時や、気持ちが落ち込んでいる日は、起き上がることさえできないこともあるでしょう。

そんな時は「今日は何もしない!」と決めてだらだらしてもいいのではないでしょうか。

気持ちがふさいで「どうしようもない」と感じたら、医師に頼るのも1つの手です。

何もできない日があっても、自分のことを責め過ぎないようにしたいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@naonyan_naonyan

Share Tweet LINE コメント

page
top