grape [グレイプ] trend

「そこは連続データにしなくていいのよ…」 Excelで家族の続柄を入力した結果?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

どの業種でも、欠かせないビジネスツールの1つといえる『Excel』。

表計算や数値データをグラフにして図形化したり、文書作成ができたりと、多くのビジネスパーソンが活用しているツールです。

また、Excelは、効率よく作業できる機能が豊富なのも、ビジネスパーソンにとっては嬉しいところ。

例えば『連続データ』は、数字や曜日など、次に続くデータをソフトが予想し、自動で入力することができます。

しかし、この『連続データ』に思わぬ落とし穴が…!

ぺんぎん(@yktrumi74)さんは、Excelを使って書類の入力作業をしていたところ、ツッコミを禁じ得ない展開になってしまったといいます。

世帯主と家族の関係を入力する欄に『子』と入れ、連続データを作成したところ、干支の『子(ネズミ)』と認識され、『丑(ウシ)』『寅(トラ)』と続いています!

まさか干支も連続データとして入力できるとは…。

ぺんぎんさんの投稿は反響を呼び「干支でもできるとは知らなかった」と驚くコメントや「Excelちゃん、天然ですね」とユーモアあふれる声が寄せられました。

・Excelのオートフィルって、そこまでできるんだ。

・Excelあるあるですね。

・早速試してしまいました。

「ソフトウェアが間違えるはずがない」と思い込み、チェックを怠ってしまうと、まさかのミスが見つかる場合も。

幸い、ぺんぎんさんの場合は入力時点で気付くことができましたが、見つけにくいミスの場合は見落とすこともあるでしょう。

くれぐれもチェックを欠かさずに!


[文・構成/grape編集部]

出典
@yktrumi74

Share Tweet LINE コメント

page
top